So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

コミック「A3! SPRING #1」(ムネヤマヨシミ) [感想・コミック(その他)]


A3!  SPRING #1 (ZERO-SUMコミックス)

A3! SPRING #1 (ZERO-SUMコミックス)

  • 作者: ムネヤマヨシミ:漫画 原作:リベル・エンタテインメント キャラクターデザイン:冨士原 良
  • 出版社/メーカー: 一迅社
  • 発売日: 2017/10/25
  • メディア: コミック

中古本、見つけちゃいました^^
A3!春組のコミカライズです。
実は前々から気になっていたんだけれど、コミカライズって成功パターンとそうじゃないパターンと極端に分かれちゃうでしょ。
後者のパターンだったらちょっと嫌だなーとか思って、手を出せずにいました。

でもお試しには手頃価格だったので思い切って。

想像してた以上にストーリーが忠実で、ゲームでは分からないキャラクター達の細かな表情とかにも触れることが出来て、期待以上に楽しめました。
咲也くんがスランプに陥り、自分の役を取られそうになるところまでが1巻。
いつも笑顔で明るい咲也くんが初めて激怒する、ゲームストーリーの中でもすっごく印象的な場面。

キャラデザの冨士原良さんの絵に一目ぼれして初めたゲームと言っても過言じゃないので、コミカライズの絵柄も気になっていたのだけれど、読み始めたら全く気にならなくなったよ。
ムネヤマヨシミさんの絵も良いです^^

2巻は5月下旬に発売。
今度は新刊、買っちゃうよ。予約もしちゃってるし^^
そして6月、9月には小説版も発売決定♪
テンションあがるわー^^

nice!(18)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

映画「名探偵コナン ゼロの執行人」鑑賞 [映画・舞台その他鑑賞(18年)]

名探偵コナン ゼロの執行人」(鑑賞日:2018.4.19(木))

0421.jpg

【ボイスキャスト(キャラクター名)】
高山みなみ(江戸川コナン)
山崎和佳奈(毛利蘭)
小山力也(毛利小五郎)
古谷徹(安室透)
上戸彩(橘境子)
博多大吉(羽場二三一)
茶風林(目暮警部)
緒方賢一(阿笠博士)
岩居由希子(吉田歩美)
高木渉(小嶋元太)
大谷育江(円谷光彦)
林原めぐみ(灰原 哀)

・・・・・・・・・・

監督:立川譲
原作:青山剛昌
脚本:櫻井武晴
音楽:大野克夫

【あらすじ】
東京サミットが開催される東京湾の新施設、エッジ・オブ・オーシャンで爆破事件が起こる。サミット前に爆破事件が起きたことと、全国の公安警察をコントロールする警察庁の秘密組織“ゼロ”に所属する安室透の不可解な動きに、コナンは違和感を抱く。そして、毛利小五郎が事件の容疑者として逮捕され……。

[かわいい]【感想】[かわいい]
コナンくんは特に毎週欠かさず観てるアニメってワケではないし、まして映画館まで行って劇場版を観てるワケでもない。
でも今作は前宣伝からちょっと気になってて。
古谷さんボイスの安室さんがメインだそうで。

外出した時に時間があったので観に行ってみた。
平日なのに普通に座席が埋まっててビックリ。
コナンくんってやっぱり人気あるんだね。
ここまでの長寿作品&アニメの貫録、感じました。

で、鑑賞感想はって言うと、思ってた以上にめちゃくちゃ面白かったです!
劇場版で起こる事件のスケール、壮大すぎる。

そして安室さん運転するカーアクション含め、コナンくんがこんなにハリウッド映画並みに迫力があるとは思わなかった。
何度も何度もドキドキさせられて、最後の最後までハラハラさせられて。
見応え十分!
すっごく面白かったー!!

そして安室さんが人気あるって分かったよ。
イケメンの上、あの謎っぽさがたまらんですなー^^
今、バンダイチャンネルでこれまでの劇場版が配信されているのでいろいろ観ていってみようかな^^

私でも知ってるレギュラーキャラ達も健在。
安心のノリで、楽しめました。
世界の運命を握るのが歩美ちゃん達っていうのも、コナンらしい展開・笑

また観たいな。
コナンくんだったらきっとテレビで放送してくれるよね。
楽しみに待っていよ^^

》「名探偵コナン ゼロの執行人」公式サイト

nice!(14)  コメント(2) 
共通テーマ:アニメ

ナンジャタウンで。。。 [ゲーム]

今日の外出先で見つけてしまいました!
いつも通っているショッピングモールの中でやってたの♪♪♪
今の私のこの[黒ハート][黒ハート]、伝わったのかなぁー^^

MANKAIカンパニー4組の各リーダー
DSC_0103.JPG

春組
DSC_0105.JPG

夏組
DSC_0104.JPG

秋組
DSC_0106.JPG

冬組
DSC_0107.JPG

そうだ!
ようやくRANK45に到達。
昨晩やっと冬組ストーリーに突入しました^^
春組も夏組も(ストーリー)すごく良かったけれど、秋組はなんだか泣けたなー。
大嫌いで反発しあってる同士が、最後にハイタッチをするまでに絆を深めてる。
いい!ホント、いいよー♪

nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

銀ちゃん♪ [アニメ・声優の話]

表情もすっごく銀ちゃんそのまんま(目が死んでる・笑)だし、あまりにも良く出来てた銀ちゃんフィギュアだったのでつい衝動買い・笑
DSC_0101.JPG
ヘルメットをかぶってる銀ちゃんも珍しかったので^^

転職、上手くいかないなー。
でも職種、妥協したくない。
頑張るじょっ!!

nice!(18)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コミック「【デジタル版】ペルソナ5 3巻」(村崎 久都) [感想・コミック(その他)]


ペルソナ5 3 (裏少年サンデーコミックス)

ペルソナ5 3 (裏少年サンデーコミックス)

  • 作者:村崎 久都 原作:アトラス
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2018/04/12
  • メディア: コミック

---------------------------------
鴨志田を改心させることに成功し、怪盗団としての活動を本格的に開始した暁たちの前に、有名日本画家・斑目一流斎とその弟子・喜多川祐介が現れる。斑目の悪事の噂を聞いた怪盗団は、杏に絵のモデルになってくれるよう頼む祐介を利用して事の真相を調べようとするが、斑目を師であり親と慕う祐介から猛反発を受けてしまう。果たして怪盗団は斑目の悪事を暴くことはできるのか!?そして、明らかになる祐介の真意、衝撃の真実とは!?
---------------------------------

4月からアニメ放送も始まった「ペルソナ5」のコミカライズ3巻目!

放送当時に発売されました。
3巻はフォックスこと喜多川祐介(CV:杉田(智和)さん)が怪盗団の仲間になって、パレス悪と闘おうとしているところ。
次から次へと罠が仕掛けらえてあるし、読んでてドキドキしてしまう。

ペルソナ5のコミカライズ作家さんは村崎久都さん。
キャラデザの副島成記さんの絵柄の雰囲気を壊さず、なおかつ美しい絵柄ですごく気に入ってます!
(ペルソナ3,4の曽我部修司さんのコミカライズも好きだよ)

アニメがここまで追いつくのはもう少し先かな。
アニメもコミカライズも続き、楽しみにしてます^^

nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

「VitaminX いくぜっ! 無敵(ミラクル)★デスティネーション」ライブビューイング [映画・舞台その他鑑賞(18年)]

VitaminX いくぜっ! 無敵(ミラクル)★デスティネーション」ライブビューイング(関西)
2018年4月15日(日)【昼の部】14時~

0415.jpg

【出演者】
鈴木達央 (真壁 翼 役)
小野大輔 (草薙 一 役)
鳥海浩輔 (七瀬 瞬 役)
吉野裕行 (仙道清春 役)
岸尾だいすけ (風門寺悟郎 役)
菅沼久義 (斑目瑞希 役)
杉田智和 (葛城銀児 役)
井上和彦 (鳳 晃司 役)
三宅健太 (九影太郎 役)
宮田幸季 (衣笠正次郎 役)
織田優成 (二階堂衝 役)
阪口大助 (真田正輝 役)
三浦祥朗 (永田智也 役)

[かわいい]【感想】[かわいい]
VitaminXイベント初参加~♪
と言ってもライビューですが^^
ライビュー、いいね。ホント、有難いっ!!

乙女ゲームのイベントなので、どんな感じで進行されていくのは全く想像出来なかったのだけれど。
こういうノリなのね。
てか、ほぼ岸尾(だいすけ)さんノリという感じでした・爆
面白い!!

朗読劇から開始。
瑞希以外のB6メンバーが翼だけを忘れてしまうというお話。
物語の流れを通して、それぞれのメンバーの紹介もさりげなくしていってる。
T6先生達も登場し、わぁー聖帝学園っ!!!とテンションあがっちゃったよ。
でもこれ、台本あってないような感じ。
ほとんどアドリブなんじゃないのっていうくらい暴走して、とにかく笑いっぱなし。
ホント、面白かった。
普段見られない声優さん達の一面、いや、二面も三面も見せてもらえた気がしました・笑

岸尾さんが森久保(祥太郎)さんの物まねを披露してるって、森久保さんがWEBラジオで言ってるのを聴いた事があったけれど、ここまでオープンだったとは・笑
吉野(裕行)さんもヤンチャだね・笑
好きだわ、こういう人^^
ココではたっつん(鈴木達央)と小野D(小野大輔)さんがまとめ役。
鳥(鳥海浩輔)さんもハシャいでる側・笑
菅沼(久義)さんはこういうイベントで観るのは始めでだったので新鮮でした。

T6先生達。
杉田(智和)さん、坂口(大助)さんが一緒に登場してきたらダメだよ~、もう私には「銀魂」にしか観えないよ^^
しかもココでも杉田さん、“銀児”っていう役名だからね。銀ちゃん♪
ミヤケン(三宅健太)さん・・・こういうキャラだったのですね。>面白い
「子供の領分」の大地のイメージが・・・(笑)
宮田(幸季)さん、昭和ノリを期待していたのだけれど、思ってたより大人しめ。
そういうキャラだったからかなぁ。
織田(優成)さん、お初です。岸尾さんに森久保さんの物まねをフラれて固まっていたお姿が印象的でした・笑
井上(和彦)さん、やっぱ素敵ー♪♪♪
三浦(祥朗)さん、キャラ声は何度も耳にしているのだけれど、お姿拝見はお初でした^^

朗読劇が終わった後、フリートーク。
しかもテーマなし!
まるでゲームの中のB6のような自由奔放さ・笑!!

そしてライブに突入。
全員歌いましたね。キャラソン。
たっつん、小野D、鳥さんの歌声はよくよく知っているけれど、初めて聴く方も多くて。
宮田さんの歌声が聴けたのは個人的に嬉しかったなー^^
あと吉野さんも♪カッコ良かったよ。
杉田さん、歌わなかったね。朗読しただけ。
アニメ「K」のキャラソンでも杉田さんだけ朗読なんだよね。
でもこういうのって何だか杉田さんらしくて好きだ。
井上さんの歌声も聴けて嬉しかった。アダルティ~^^
もしかして、井上さんが♪~PS.アイラビュ~♪・・・なんて歌ってた若い頃を知っているのは私くらい?(爆)

歌終わった感想をそれぞれ話した後、またすぐ一人一人、イベント終了の挨拶になり、ホント、最後まで自由奔放だったよ(笑)
吉野さんのマイクの持ち方を真似る宮田さん。
すぐにツッコミをいれる吉野さんのやりとりが面白かった。
鳥さんも真似てた。
その持ち方(気になるから)やめてって何度も訴えてた小野Dさんの願いも完全スルー(笑)

ゲームのイベントってどんなんだろうって思ってたけれど、めちゃくちゃ面白かった!!
また行きたい!また開催してほしい!!
そうそう。
たっつんが「数多くある乙女ゲーの中で三十路が主人公の乙女ゲーは珍しい」というのがウケた・笑
そーだった!主人公、結構、歳食ってるんだった・笑!!
だけどすっごく面白いんですっていうフォローもしっかりアピール♪
皆んな好き勝手に楽しんでた空気でしたが、最後は座長らしく上手く締めて終了しました^^

ホント、楽しかった!
エンディングロール。キャラクターの映像でB6、T6ひとりひとり、"先生"に向けて愛の告白。
マジでテレちゃったよ(←アホ・笑)
次、もしまた女性に生まれ変わってくるとしたらこんな風に告白してくれる人と出会いたいわ・笑

さぁ、またVitaminXのゲーム、プレイ再開するぞ~♪

余談だけれど、この記事の共通テーマ、「ゲーム」にしようかと思ったけれど、声優さん達のイベントなので「アニメ」にしました^^

nice!(20)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

買っちゃったよ。 [ゲーム]

買っちゃいました。
今もうめちゃくちゃハマりすぎてて、我慢できなくなっちゃって(笑)
0417.jpg
『A3!(エースリー)』主題歌 MANKAI☆開花宣言

A3!のリーダー4人による初主題歌。
(すでに2枚目が発売中みたい)
先日のレンタルの時、一緒にレンタルしようと思ったら、なぜか不可になってたんだよね。
聴けないと思ったらもっと聴きたくなっちゃって。。。(そんなもんです・笑)

ちなみにゲームは今、やっとRANK37になったよ。
ストーリーは秋組。そろそろ中盤、でもまだ"絆"は見えてこない^^;


nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

配信始まりました♪ [アニメ・声優の話]

配信始まったね。

鈴村&下野の帰ってきた! うた☆プリ放送局


鈴くんと下野くんのトーク。
やっぱり面白い。
息ピッタリ。

でも、(うたの)"プリンスさま"のラジオ番組なのにいきなり話題が"老眼"だったのに爆笑してしまいました。
面白かったー!!

曲紹介で流れた曲はPSvitaのゲーム曲みたい。
エンディングで流れる曲も含めて、フルで聴いてみたいなー。

nice!(17)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

今も大好きアニメ「つり球」 [アニメ・声優の話]

今も大好きアニメ「つり球
----------------------
神奈川県の湘南・江の島に引っ越して来た男子高校生・真田ユキは、他人とのコミュニケーションが苦手で、これまでの人生で友人と呼べる存在がいなかった。学校への転入当日、ユキは宇宙人を自称するもう一人の転校生・ハルから強引に釣りに誘われ、不機嫌な同級生・宇佐美夏樹も指南役として巻き込まれる。最初は嫌々だったユキだが、釣りに楽しみを見出し、仲間を見つけ、変わった自分を実感する。そしてある日、江ノ島には神隠しが多発したことが原因で、誰も入らなくなった人工魚礁があることを知る。
----------------------

先日、CSで再放送していたのを観なおしました。
放送時からこの作品大好きで。
DVD-BOX、持ってます^^
めちゃくちゃ話題になってたわけではないけれど、でも作品レベルは高く、水面下で凄く好かれていた物語だと今でも信じてます。

コミュニケーションが苦手な主人公・ユキが、天真爛漫な宇宙人・ハルと出会い、少しずつ心を開けていき、友達と呼べる仲間が出来ていく。
困難に状況にぶつかり、一度は逃げても、最終的には逃げずにそれを克服しようとするユキ。
こういう事が何度か起こるのだけれど、友達の為、仲間の為、ユキは決して逃げない。

こういう話、ホント、大好きだ。

ユキにハル。
ハルがめちゃくちゃ可愛くて。
とにかく動きやしぐさ、表情がたまらんです。
宇宙人だから時には傷つけてしまう言葉も発してしまうのだけれど、ちゃんと反省する。
ユキの為に。

そしてつり王子(と本人は呼ばれるのはイヤがってる)夏樹。
無愛想で最初はすっごくとっつきにくい。
でもそういう態度もちゃんと理由があって、夏樹が今の家族の状況を受け入れていく様子が泣けてくる。

そして謎の"インド"の人、アキラ。
いいわー。
いつの間にかユキ達の釣り仲間に入り込んでる(笑)
そして最後はちゃんと守ってくれる存在になってる。
いつも一緒のタピオカ(アヒル)が可愛い。

この4人の絆がガッツリ描かれていて、何度観ても飽きないんだなー。
青春物語なのかと思いきや、後半に向けて、どんどん話のスケールが大きくなっていくし。
ドキドキワクワク感ハンパない。
ラストも好き。
え?そんなあっさり・・・というのがまた切なさあって。

オープニングもお気に入り。
思わずユキ達と一緒に江の島踊りしたくなっちゃうよ。
エンディングもいい。何かのカバー曲だよね。

オススメです。
是非、再放送があったら観てみてください^^
私もまたDVD、観ます~^^

つり球 1【通常版】 [DVD]

つり球 1【通常版】 [DVD]

  • 出版社/メーカー: アニプレックス
  • メディア: DVD

つり球 2【通常版】 [DVD]

つり球 2【通常版】 [DVD]

  • 出版社/メーカー: アニプレックス
  • メディア: DVD

つり球 3(通常版) [DVD]

つり球 3(通常版) [DVD]

  • 出版社/メーカー: アニプレックス
  • メディア: DVD

つり球 4(通常版) [DVD]

つり球 4(通常版) [DVD]

  • 出版社/メーカー: アニプレックス
  • メディア: DVD

つり球 5【通常版】 [DVD]

つり球 5【通常版】 [DVD]

  • 出版社/メーカー: アニプレックス
  • メディア: DVD

つり球 6【通常版】 [DVD]

つり球 6【通常版】 [DVD]

  • 出版社/メーカー: アニプレックス
  • メディア: DVD


nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

BL小説「初恋アミューズメント」(月村 奎) [感想・小説(BL)]


初恋アミューズメント (SHYノベルス)

初恋アミューズメント (SHYノベルス)

  • 作者: 月村 奎 画:秋平 しろ
  • 出版社/メーカー: 大洋図書
  • 発売日: 2018/01/31
  • メディア: 新書

-----------------------------
いまいち売れないミステリ作家・木村正信は、ある日、編集部で憧れの超売れっ子漫画家の鈴木一太郎と知り合う。売れっ子なうえにイケメンだなんていけ好かないヤツ!卑屈かつ被害妄想気味な木村は鈴木に反感を持つのだけれど、自分とは正反対で、天才気質で自由な鈴木にどんどん惹かれ始める。そんなとき、鈴木がフィーリングが合えば犬でも馬でもイケると豪語していることを知る。それなのに、そんな男なのに、自分は誘われなかった…ショックを受けた木村は、鈴木を誘惑する計画を立てるのだが!?月村奎先生の原作で秋平しろ先生のマンガ『初恋バカップル』も特別収録。
-----------------------------
少しバタバタしていたけれど、少しずつ読み進めていたBL本、今日読み終えました。
月村さんの新刊です。
(あ、今日、ディアプラス文庫からさらに新しい新刊が発売されました!)

何となく読んだ事ありそうな感じ。。。って思ったら「初恋大パニック」のスピンオフでした^^
こちらも月村さんらしくて面白かったです。

主人公・木村がネガティブなのにプライドが強くて、その思考ゆえどんどん難しい方向に突き進んでしまう・・・という展開(笑)
木村自身も言ってる、自分は面倒臭いヤツだって(笑)
そんな木村に鈴木一太郎が何かと絡んでくる。

鈴木のようなフワフワしているようで、実はとってもマイペースで自分の感性のままに生きてるタイプって好きだけれど、でも、木村視点で書かれているのもあってか、鈴木っていう人物がなかなか掴めず、全体的に、萌えにはあと一歩、自分には何か欲しいと感じた読了でもあります。

前作主役だった藤原壮介は相変わらず無愛想で無表情(笑)
でも小宮山との関係も安定していて、今作では脇カップルながらもお互い好き合ってるのがところどころに感じられて、こっちのカップルに萌えキュンしてしまってました(笑)

藤原のそんな態度を誤解した木村が、自尊心を傷つけられたと思い、木村の心の声でもあるメモ帳に書いた藤原の悪口が爆笑でした(笑)
なんて小学生レベル!!(笑)
でもそこが木村の可愛いトコだったりして。

なんだかんだ言っちゃってるけれど、月村さんの書くお話はやっぱり好き!
早目に新作、買いに行こう♪

nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:
前の10件 | -
メッセージを送る