So-net無料ブログ作成

コミック「君に届け 21,22巻」(椎名 軽穂) [感想・コミック(その他)]

君に届け 21 (マーガレットコミックス)  君に届け 22 (マーガレットコミックス)
君に届け 21 (マーガレットコミックス)
君に届け 22 (マーガレットコミックス)
(作:椎名 軽穂)

【あらすじ・21巻】
バレンタインが終わり、次は男の子のターン! それぞれのホワイトデーの行方は…?そして爽子たちもいよいよ3年生! 進むべき道を悩みつつ、高校生活最後の1年が始まります…!(マーガレットコミックス・集英社より)

【あらすじ・22巻】
3年生になった爽子たち。だいすきな人と近くにいられるのか、それとも離れてしまうのか。自分の未来と待ち受ける現実に悩みながらも、少しずつ答えを出していくのですが…。【収録作品】スペシャルコラボ 河原和音×椎名軽穂 まゆげの角度は45°で(マーガレットコミックス・集英社より)


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
[ひらめき]作品お気に入り度 ★★★★☆
[ひらめき]作家お気に入り度 ★★★☆☆
*一般コミックス

[猫]感想。。。
(21巻 2014.3月刊行 22巻 2014.9月刊行)

ラブラブキュンキュンで読み続けてきた「君届」もついに人生選択の大きな岐路の場面になってきました。
進路に悩みつつ、上手く恋愛模様も絡ませてあって、変わらずキュンキュンさせられるなー^^

ピンの教師視点の言葉が社会人になった今では心に突き刺さる。
ホント、“進路”って高校生でしか味わえない悩みなんだよね。
(大学生になったらまた違う)
過ぎ去ってしまった今のワタシには何だかそういう悩みがとても羨ましい。

大いに悩んでそして爽子ちゃん達皆んな自分の信じた道を歩んで欲しいです。

ラブ面ではあやねちゃんとケントがまだまだ不安定だね。
個人的にはこの2人も上手くいってほしいのだけれど何だか先行きヤバそう・・・と感じた21巻。

引き続き22巻。
いきなり龍とちづちゃんの場面ではジーンとさせられた。

相手を思うからこそ言えない本音もあり、黙っているのも強さのひとつだと思うけれど、でも伝えなきゃいけない本音もあって、でもそれを伝えるのはやっぱり物凄く勇気がいって・・・。

3組6人、もう何とも言えない心境だね。
読んでて何度もキュンキュンさせられたりジワリとさせられたり・・・。

くるみちゃんの存在もいい。
何かこの時代に戻ってもっと真面目に進路勉強やっとけば良かったー・・・と思わせられる巻でもありました(苦笑)

ラブ面ではもうひとつ、ふたつ波乱あるかなー^^;

(読了日:2014.11.17(21巻)11.18(22巻))

*****
シリーズ既読感想
君に届け (19)~(20)
君に届け (18)
君に届け (17)
君に届け (16)
君に届け (15)
君に届け (14)
君に届け (1)~(13)


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る