So-net無料ブログ作成

コミック「【デジタル版】超能力者斉木楠雄のΨ難 0-麻生周一短編集-」(麻生 周一) [感想・コミック(その他)]


超能力者斉木楠雄のΨ難 0―麻生周一短編集 (ジャンプコミックス)

超能力者斉木楠雄のΨ難 0―麻生周一短編集 (ジャンプコミックス)

  • 作者: 麻生 周一
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2012/05/02
  • メディア: コミック

【あらすじ】
斉木楠雄15歳。現在の科学では説明できない不可能を可能にする力・超能力の持ち主である。しかしこの能力のせいで、数々の災難に見舞われる事態に…!?表題作ほか、秀作読切2作品を収録した、初の短編集!!

お気に入り度:★★★★☆
(2012.5月刊行)

遅ればせながら最近アニメを観始めて、それがすごく面白かったので原作も読んでみました。
1巻より前の「0巻」というものがあると知り、まずはそれから。

アニメでも思い切り笑える楠雄を囲む空気読めないキャラ達の初登場(?)が読めて楽しかったー。
アニメから入っているので、楠雄のツッコミが全部神谷(浩史)さんの声で再生される(笑)

いろいろ上から目線で冷めてるような楠雄ではあるけれど、どこかホロっとさせられる“情”を感じるんだよね。
良いやつじゃ~^^

あ、でもデジタル版で読んだのだけれど、これ電車の中では読めないね。
何度か吹き出してしまって誤魔化すのに大変でした(笑)
続き、もちろん追っていきますぜっ♪

読みきり作も2作とも面白かった。
探偵モノ、ギャグの連発だったけれど、“犯人”は意外だったし、最後はそれなりにきちんと推理モノっぽくまとめてあってさすがだなぁ、なんて思ったり。

(読了日:2016.10.18)

nice!(16)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 16

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る