So-net無料ブログ作成
検索選択

コミック「この音とまれ! 6巻」(アミュー) [感想・コミック(その他)]


この音とまれ! 6 (ジャンプコミックス)

この音とまれ! 6 (ジャンプコミックス)

  • 作者: アミュー
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2014/07/04
  • メディア: コミック

お気に入り度:★★★★★
(2014.7月刊行)

合宿中、自分だけ演奏が上手くいかず、どんどん取り残されていく光太。
夜中、合宿所から嫌になって逃げ出してしまったのかと思いきや。。。思ってた以上に強い子だった光太。
感動しちゃった!!

6巻のあらすじ。。。

合宿中に突然、姿を消した光太。なかなか上達せず、怒られてばかりなのに嫌気が差して逃げ出してしまったのか…。懸命の捜索の末、愛が見つけた光太は──!?

私だったら逃げ出してたかも。。。って思ったから光太もてっきりそうなんだって思ってしまったけれど(人間、自分の尺でしか物事図れません^^;)
皆んなが寝入ってしまっているので、皆んなに置いてかれないよう、追い付けれるようこっそり外で練習してたんだね。
凄いや、光太。

愛に放った言葉。
「俺をあきらめないでくれ!」

・・・思わず涙腺緩んでしまったよ。
こういう強さ、今の自分にも持たなきゃ。

光太が琴部員の絆をさらに強くしたって感じです。

そして最初は、なんだ、このやる気の無い顧問は・・・って思ってたけれど、彼の存在も今は心強いです。

いよいよ本格的に大会が始まりました。
強豪がたくさん登場してします。
ちょっとチャラ男っぽい明陵高校、桐生桜介。
こういうタイプこそ、演奏になると人が変わるんだろうなーって思ってたら、やっぱりそうでした。
カッコいいな。
彼らの演奏の前に、さすがに怖気づく時瀬高校、愛達。
そんな愛達に向けて、武蔵くんが部長らしい言動で引っ張ります。
周りの顔色ばかり見てなかなか言いたい事も言えなかった武蔵くんを思うと、ホント、強くなったよ。

続き、早く読まなきゃね。

この物語を読むとお琴の音、改めてちゃんと聴きたくなります。
公式サイトで演奏が聴けるらしいので、一度アクセスしてみようと思います。

今巻は光太の強さで★5つ!

(読了日:2017.4.4)
*****
シリーズ既読感想
この音とまれ! (5)
この音とまれ! (3)~(4)
この音とまれ! (1)~(2)

nice!(21)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 21

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る