So-net無料ブログ作成
検索選択

コミック「【デジタル版】斉木楠雄のΨ難 4巻」(麻生 周一) [感想・コミック(その他)]


斉木楠雄のΨ難 4 (ジャンプコミックス)

斉木楠雄のΨ難 4 (ジャンプコミックス)

  • 作者: 麻生 周一
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2013/05/02
  • メディア: コミック

お気に入り度:★★★★☆
(2013.5月刊行)

面白すぎる。。。
面白すぎて通勤途中の電車の中では絶対読めない。。。

4巻あらすじ。。。

新年、斉木楠雄は両親に連れられ初詣にやってきた。しかし、なぜか次々とクラスメイトに遭遇! 息子にたくさんの友達がいる事に感激した両親は、彼らを家に招待。だが、盛り上がる場で母・久留美の爆弾発言が…!?

楠雄の両親はいつもお花が飛んでるようなバカップルだけれど、でもこういう両親だからこそ、なんだかんだ言いつつも楠雄は周りを見捨てておけない優しい子に育った気もする。
親がのんきだと子がしっかりする典型的例かしら(笑)

ジャンプフェスタの話も面白かったな。
想像以上に凄い人なんだね。
興味はあるけれど、こういうイベントに行くにはもう体力的に限界だ^^;

(読了日:2017.4.5)
*****
シリーズ既読感想
【デジタル版】斉木楠雄のΨ難(3)
【デジタル版】斉木楠雄のΨ難(2)
【デジタル版】斉木楠雄のΨ難(1)
【デジタル版】超能力者斉木楠雄のΨ難 0-麻生周一短編集-

nice!(24)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 24

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る