So-net無料ブログ作成
検索選択

小説「【デジタル版】小説 君の名は。」(新海 誠) [感想・小説(その他)]


小説 君の名は。 (角川文庫)

小説 君の名は。 (角川文庫)

  • 作者: 新海 誠
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/メディアファクトリー
  • 発売日: 2016/06/18
  • メディア: 文庫

お気に入り度:★★★★★
(2016.6月刊行)

昨年観た映画が物凄く良かったので、映画鑑賞直後、小説版も読んでみようと買ってました。

映画のベースにした原作本なので、映画のあらすじそのまんまですが。。。

山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉は、自分が男の子になる夢を見る。見慣れない部屋、見知らぬ友人、目の前に広がるのは東京の街並み。一報、東京で暮らす男子高校生・瀧も、山奥の町で自分が女子高校生になる夢を見る。やがて二人は夢の中で入れ替わっていることに気づくが――。出会うことのない二人の出逢いから、運命の歯車が動き出す。長編アニメーション『君の名は。』の、新海誠監督みずから執筆した原作小説。

映画の余韻が少しおさまってから(少しうろ覚えになった頃に)読みたいと思っていたので、結局読んだのは今になってしまいました。
でもやっぱり映画の感動が甦ってきます。

あとがきにもありましたが、映画の補足本というより映画の内容そのまんま活字で表されているって感じです。

映画と同じく三葉と瀧の視点が交互になるし、それに加え、入れ替わった時の視点もあるので、もし映画を観てなかったら“視点”に振り回されてたかも。
なので私は映画を観てから読んで正解でした。

中盤から終盤に掛けての怒涛の展開は、映画でその展開を知っていても、明らかになっていく真実や失っていく記憶がとても切なくて、何度もホロリとしそうでした。

改めて読んだけれど、ホント、よく練って描かれている物語だと思いました。

もう一回映画、観たいな。

そろそろDVD/BD化されないかなって思ってますが、まだ上映してる映画館もあるみたいなのでもう少し先かなぁって思ってます。・・・と下書き保存してた間に発売日、発表されましたね!
すでに予約の1~8位独占しているみたいです(@@)

映画の感想はこちら。。。

(読了日:2017.4.12)

nice!(20)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 20

コメント 2

リンさん

7月にDVD出ますね。
もちろんチェック済みでしょうけど^^
by リンさん (2017-05-17 00:08) 

まるこ

》リンさん

こんにちは。
ようやくDVD、発売ですね。
買おうかどうしょうか今、迷ってます。
でもまた観たいんですよねー。
ギリギリまで悩みます(笑)
by まるこ (2017-05-17 10:17) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る