So-net無料ブログ作成
検索選択

舞台「ミュージカル『王家の紋章』」観劇 [映画・舞台その他鑑賞(17年)]

ミュージカル『王家の紋章』
梅田芸術劇場メインホール(2017.5.15(土)17:30開演)

20170309101608-0001.jpg 20170309101621-0001.jpg
*クリックしたら大きくなります*

【キャスト】
メンフィス:浦井健治
キャロル:宮澤佐江(Wキャスト)
イズミル:宮野真守(Wキャスト)
ライアン:伊礼彼方
ミタムン;愛加あゆ
ナフテラ;出雲綾
ルカ;矢田悠祐
ウナス;木暮真一郎
アイシス;濱田めぐみ
イムホテップ;山口祐一郎

・・・・・・・

脚本・作詞・演出:荻田浩一
原作:細川智栄子あんど芙~みん「王家の紋章」
作曲・編曲:シルヴェスター・リーヴァイ

【あらすじ】
アメリカ人少女・キャロルは、エジプトで友人や恋人と共に考古学を研究していた。ある日、ピラミッドの発掘が行われることになるが、それは古代エジプトの王・メンフィスの墓だった。その直後、キャロルのもとに現れた謎の美女・アイシス。弟メンフィスを愛するアイシスの呪術によって、キャロルは古代エジプトへとタイムスリップしてしまう。彼女を待ち受けるメンフィスとの出逢いや様々な試練、そしてエジプトを狙うヒッタイト王国の王子・イズミル―。数奇な運命が、キャロルを歴史の渦へと巻き込んでいく―。

[かわいい]【感想】[かわいい]
昨年、帝劇で上演され大ヒットとなったミュージカル。
再演も即決定。めでたく大阪でも上演される事が決定になったので観に行くことが出来ました。

原作ファンの方には大変申し訳ないですが、私は原作には全く思い入れないです。
学生の時、私の周りでいろいろ耳にしていて、チラリと読ませてもらったので何となく物語背景は覚えてる。
けれど、あまり・・・いや全く好みじゃなかった記憶がある(笑)
(同時の私は少年漫画一色だったので・笑)

そんな作品なので普通ならスルーしてた舞台。
それでも観に行く!!って思った最大の理由はマモちゃん(宮野真守)の初のミュージカル舞台出演だったから!!
それと久々に(山口)祐一郎さんの生歌声とお姿拝見出来るんなら・・・と思った事と演出が荻田さん、作曲・編曲が「エリザベート」や「モーツァルト!」のシルヴェスター・リーヴァイだったから・・・です。

で、何とかチケット取れて行って来ましたよ!!
第一希望はマモちゃんがイズミルでキャロルが新妻聖子ちゃんの日狙いだったのだけれど、その組み合わせのチケットはダメだった><
ま、いいや。
マモちゃんがいたら♪

久々の(2,3年ぶりかも)、梅芸!
あぁ舞台!!って感じ。
もう全然舞台観に行かなくなっちゃってるのでとっても新鮮だし、でもやっぱこの空間、好きだなーって改めて感じたりもしました。

で、肝心の舞台感想はというと。
思ってた以上に良かったです。
エジプトが舞台なので、舞台美術や雰囲気やお衣装なんかもとても豪華で綺麗でした。
歌う曲も耳心地よく、とても良かったです。

原作はまだ未完の作品。どういう風なまとめ方をするのかなって思ってたけれど、上手くまとめてあった気がします。
偉そうだけれど、私の勝手な評価としてはオリジナルミュージカルとしては合格ラインだなーって思って観てました。

欲を言えばいろいろあるけれど(笑)
マモちゃん目当てで鑑賞している私は1幕はイズミル王子(マモちゃん)の出番が2場面しか無かった事や、歌声が素晴らしいのだけれど、アイシスの見せ場、多いな、とか(笑)
2幕目最初、現代に戻ったキャロルがいつの間にか古代エジプトに戻っている演出が分かりづらかった事や、ライアン兄さんの存在がちょっと不憫だなーと思ってしまった事とか・・・っていっぱいあるやん(笑)!
メンフィス役の浦井くんは、以前、石井(一孝)さんの「蜘蛛女のキス」での共演や石井さんのライブのゲスト出演とかで知ってて、その頃はまだ新人って感じだったけれど、とても貫録出ててビックリ!時間の流れ、感じたわー(笑)

祐一郎さん♪
イムホテップって誰?って感じのまったく印象にないキャラクターでどういう役なのかって思ってた。
じじぃ・・・いや、おじいさんだった。。。
祐一郎さんがおじいさんの役。。。
ここでも時間の流れ、感じたわー(笑)
でもガッツリ歌う曲が2曲あって、聴き惚れました。
祐一郎さんの歌声って、私の中ではもう別次元ですわ(*^^*)
おじいさんでもカッコいいよぉーーー♪♪♪

で、で、で!!!
マモちゃん!!
マモちゃんの歌の上手さはしっかり分かっているので、初ミュージカル出演であっても絶対周りに引けは取らないって思ってたけれど。。。
ここまで歌い上げるなんて!!
ファンの欲目(耳)でなく、ホントにホントに素晴らしい歌唱力でした!!
1幕目の出番が無かった分、2幕目はメンフィスとイズミルの戦いになるので、見せ場がいっぱい!歌声がいっぱい!!
メンフィスとの殺陣シーンも迫力あって、カッコ良かったーーーー♪♪♪
1幕がどっちかというと嫉妬がらみのねっとりとした場面が多かったからね。
戦いのシーンがメインになって一気に舞台が「動」になったって感じ。
観ててワクワクしちゃったよ。

もう大満足な私^^
ライブやイベントでも、いつもどこでも存在感ある人だなーって思ってたけれど、こんな大きな舞台でもやっぱりマモちゃんって存在感あるし、舞台栄えするなーって思って観てました。
ファンの欲目???それ抜きにしてもそう思うのだけれどねー^^

浦井くん演じる絶対的王のカリマスを持つメンフィスとは真逆の魅力というか、とても妖艶でアダルティーなイズミル王子の魅力を存分に発揮されてた気がします。

ホント、素敵でした!!
これだけでこの舞台を観にいった価値あるよ、私は^^

これを機に、ミュージカルの舞台の出演が増えるといいなとも思った。
もちろん声優としてのマモちゃんが大好きなので、そっちのお仕事が減っちゃうのはイヤだけれど。

そうそう。
2幕目の、キャロルをめぐってエジプトとヒッタイトが戦争になる場面。
イズミルは自分の妹がメンフィスによって殺されたと誤解しているので(ホントはメンフィスの姉が殺している)その復讐もあって、メンフィスが大事にしてるキャロルを攫ってるという展開。
妹の死に際を知りたくて、イズミルはキャロルにたずねるシーンがあるのだけれど、キャロルは「真実を言えばエジプトとヒッタイトは戦争になる!言えないわ!」と「知らない」で言い通す場面に一言!!

いや、言う、言わないに関わらず、もう十分、戦争になってるし(笑)
そこはメンフィスの名誉の為に、真実(メンフィスは殺してない)を言ってあげようよ、キャロル。。。

・・・って心の中で一人ツッコんでました(笑)

と、他にも突っ込みがいのある場面もたくさんありましたが(オイ、オイ)、あぁ、舞台って、ミュージカルっていいなって改めて思い出させてもらえたとっても楽しい舞台でした!!
この空間に感謝!!・・・な幸せな一日でした^^

ミュージカル『王家の紋章』公式サイト


nice!(23)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 23

コメント 2

ピンキィモモ

こんにちは。
私もこの話はよくは知らないので、どうとは言えないのですが>
素敵なまもちゃんを生で見ることができて、よかったですね。
by ピンキィモモ (2017-05-17 11:39) 

まるこ

》ピンキィモモさん

こんばんは。
コスチュームですが、生のマモちゃん&生のマモちゃんの
歌声が聴けたのがすっごく嬉しい!!
今更ですが、プリライでマモちゃんの歌声が聴けるなんて、
やっぱり羨ましいです~!!
by まるこ (2017-05-17 23:17) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る