So-net無料ブログ作成

コミック「【デジタル版】紅茶王子の姫君」(山田 南平) [感想・コミック(その他)]


紅茶王子の姫君 (花とゆめCOMICS)

紅茶王子の姫君 (花とゆめCOMICS)

  • 作者: 山田 南平
  • 出版社/メーカー: 白泉社
  • 発売日: 2006/07/19
  • メディア: コミック

お気に入り度:★★★★☆
(2006.7月刊行)

最近、レンタルで本編全25巻を読破して(記事はこちら)それがすっごく面白かったので、続編であるこの本をダウンロード購入しました。

あらすじ。。。

月日は流れ、奈子とアッサムは結婚、幸せに暮らしている。でも5歳になる2人の娘・杏梨(あんり)は今日も不機嫌。そのわけはママが「パパのことなんにも知らない」せい!?ファン待望の「紅茶王子」番外編!

おぉ~!
あれから奈子とアッサムは結婚したのですね。
しかも子供までいるっ!!
すっかり良きパパしてるアッサムに何だか感動しちゃった。

紅茶王子・ルフナが登場。
彼は、誰一人としてアッサムの記憶を無くしたはずなのになぜか自分一人、アッサムの記憶が残ってて、戸惑っている。
ちょっとツンデレっぽくて可愛い王子さま。
主人である絵里の3つの願いを叶えていないので、まるでケンカップルのように賑やかにずっと絵里の側にいる。

そんな彼の存在と、奈子とアッサムの一人娘、杏里の行動で奈子はアッサムの記憶を取り戻す事が出来た。

良かったー!!
アッサムは自分の記憶が失くされても、納得して選んだ幸せの道なのでそれはそれで良かったんだろうけれど、でもやっぱりそれまで過ごした自分との時間は覚えていて欲しかったはず。
良かった!良かった!!

ホッとしたけれど、でも思ってたよりかなりあっさりめだったのでもう少し描き込んで欲しかったかな。

同時収録に登場する(まだ奈子のお父さんが生きていた頃)紅茶王女・キャンディの話も良かったな。
ちょっと切なく、重いけれど。

ただ、やっぱりアールグレイ達他の紅茶王子もアッサムを思い出して欲しいと願っちゃう。
彼らの様子もしりたいな。
てか、アールグレイがいないって事は奈子の3つの願いは終わってるんだね。

新シリーズが連載中なので、そちらも読んでいこうと思います。

(読了日:2017.5.15)

nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 15

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る