So-net無料ブログ作成
検索選択

コミック「【デジタル版】ピアノの森 8巻」(一色 まこと) [感想・コミック(その他)]


ピアノの森 8 (モーニングKC (1445))

ピアノの森 8 (モーニングKC (1445))

  • 作者: 一色 まこと
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2005/06/23
  • メディア: コミック

お気に入り度:★★★★★
(2005.6月刊行)

前巻から5年が経ってたよ!!

8巻あらすじ。。。

雨宮がカイのピアノから逃れるようにザルツブルグへと海外留学し5年が過ぎた。異国の地で、なおも自分のピアノが好きになれず悩む雨宮は偶然耳にしたカイの音色を追って日本へと帰国する。必死にカイを探す雨宮、そこで出会ったのは……!?

スランプ(自分のピアノが弾けない)もあり、カイに会いに日本に帰ってきた雨宮くん。
少し大人っぽくなってるねぇ。

カイを尋ねていくんだけれど、なぜか皆んな知らないという。
まるで皆んなでカイを隠しているかのように。

前半、なかなか登場してこないだよね、カイ^^;
雨宮くんが尋ねる先、尋ねる先、いなくて。
まるで母を訪ねて三千里・・・的な?

あまりにもじらされるので、カイがどういう風に成長しているか、私もページを捲るたびドキドキしてしまったよ(笑)

そしてようやく再会!

カイも成長してる。
幼い頃から女の子みたいだった、その中性的な部分がより魅力になってた。

カイはすでに自分の前を歩いてるって、雨宮くんは言ってたけれど。
カイは決して“ラッキー”が重なって“今”があるんじゃない。
カイが人の何倍も努力を重ね、積み上げてきた日々の賜物で“今”があるんだって思った。
雨宮くんが言ってる“自分の前”は、想像以上に“もっと先”だった。

そんなカイを見て、雨宮くんは何を感じ取るんだろう。
彼はどうやって“自分のピアノ”と向き合う事が出来るのか。
続き、楽しみにして読みます。

(読了日:2017.5.16)
*****
シリーズ既読感想
【デジタル版】ピアノの森(6)~(7)
【デジタル版】ピアノの森(5)
【デジタル版】ピアノの森(4)
【デジタル版】ピアノの森(3)
【デジタル版】ピアノの森(1)~(2)

nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 15

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る