So-net無料ブログ作成

BL小説「【デジタル版】玉の輿ご用意しました」(栗城 偲) [感想・小説(BL)]


玉の輿ご用意しました (キャラ文庫)

玉の輿ご用意しました (キャラ文庫)

  • 作者: 栗城 偲 画:高緒拾
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2017/03/25
  • メディア: 文庫

お気に入り度:★★★★★
(2017.3月刊行)

久しぶりに栗城さんの作品を読む気がする。
どの書籍サイトを見てもレビュー評価がとても良かったので。
気になってデジタル版で読みましたが。。。
これが私のも大当たり!!
レビュー評価に偽りなし!でした^^

あらすじ。。。

高級車に狙いをつけ、当たり屋を決行!!ところが、それを見破られてしまった!?初めての大失態に、内心焦る青依。けれど車から降りてきた男・印南は、青依の痛がるそぶりに顔色一つ変えない。それどころか、平然と「通報されたくなければ言うことを聞け」と命令してきた!!厄介なことになった、と思いつつ拒否権のない青依に、印南はなぜか「9ヶ月間、俺の恋人のフリをしろ」と言い出して!?

良かったなー。
BL版シンデレラストーリーの王道ですが、やっぱり王道はいい♪

あらすじを読むと主人公(=青依)って、もっと狡賢いヤツで金づるである攻・印南を利用して、利用してるはずがすっかり惚れちゃって・・・的な(こういうのは苦手・^^;)感じなのかなーって思ってたけれど、
全然違った!!
私の大好きな健気好青年!

これまでの生活環境や周りの対応のされ方で、生きていく為にやむ得ず“当たり屋”という生き方をしているだけで・・・。
根はとても純粋でいい子でした。

一緒に暮らしていくうちに、印南に“情”が生まれ、少しずつ心を開いていくと、自分のせいで印南に(世間から)恥をかかしてはいけないと一所懸命に頑張る姿がなんとも可愛くて。
健気で良いわー!

印南は言葉足らず、というか、足らなさすぎ(笑)
言う事がいちいち小言っぽくて。
でもそれは読んでる第三者からすると面白いんだけれど(笑)

本人達は決してそうじゃなく、ストレズになってるのに、それがまるで漫才を見ているような楽しさでした。

終盤、青依を突き離すような言動をする印南に、何でー?って思ったけれど。
彼は彼で、束縛したらダメだ・・・なんて心で葛藤してたのねん(*^^*)
可愛いやつじゃ^^

印南に付いてる秘書兼友達の酒匂が良い立ち位置してましたね。
もっと青依にちょっかいかけて、印南にヤキモチ妬かせてやれー(笑)

あ、これ。
印南は森川さん、酒匂は遊佐さんの声で脳内変換して読んでました。
イメージピッタリだと思いませんか?(笑)
青依は誰だろうなー^^

(読了日:2017.6.8)

nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 15

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る