So-net無料ブログ作成

コミック「【デジタル版】斉木楠雄のΨ難 2巻」(麻生 周一) [感想・コミック(その他)]


斉木楠雄のΨ難 2 (ジャンプコミックス)

斉木楠雄のΨ難 2 (ジャンプコミックス)

  • 作者: 麻生 周一
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2012/12/04
  • メディア: コミック

お気に入り度:★★★★☆
(2012.12月刊行)

昨年末までテレビ放送していたアニメがめちゃくちゃ面白くて、原作コミックスにもハマりこんでしまった私です(笑)
今日は2巻目を読み終えました。

2巻あらすじ。。。

超能力者・斉木楠雄にとって、マインドコントロールなんてお手のもの。そんな彼の悩みの種は、何故かコントロールできない同級生二人の存在――。更に超能力者といえど苦手とする、生き物の正体が明らかに…!?

やっぱりめちゃくちゃ面白い!!
というか、私はアニメの高速テンポ、ノリ、楠雄を演じてた神谷(浩史)さんのツッコミなどなど全てがマッチしての爆笑のツボだったので、原作コミックスを読んでもあのノリがそのまんま頭の中で甦らせながら読んでました。

主人公をとりまくキャラクター達も個性強すぎて面白すぎるしっ!

2巻に収録されていた話もどれも面白かったけれど、強いて言えばやっぱり「G」が出現してきた話でしょうか(笑)
サイキックな楠雄にも弱みがあるんだと分かって何だか親しみが湧いてきます。
そしてその怖さも共感出来ます。
ただ、その“弱み”があまりにも可愛くて。
これぞギャップ萌えってやつかしら^^
私はその場から瞬間移動できるアナタが羨ましいよ。

燃堂、同じような状況の時には是非我が家にも来て欲しいけれど、後処理無しで帰りそうだしなー(笑)
(始末した後は“それ”も持って帰ってくれーって・笑)

感情に淡白で一見冷たそうな楠雄だけれど、結構人情持ちなのもいい。
話が進んで増えていくにつれ、そういうのを多々感じるよ。
蝶野出演の話ではそれが顕著に出ててちょっと可哀相だったし(笑)

・・・続き、読も。
バンチャでは確かまだ配信中だったと思うからアニメも、も一回観ようと思ってます^^

(読了日:2017.3.15)
*****
シリーズ既読感想
【デジタル版】斉木楠雄のΨ難(1)
【デジタル版】超能力者斉木楠雄のΨ難 0-麻生周一短編集-

nice!(19)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック
メッセージを送る