So-net無料ブログ作成

コミック「【デジタル版】地縛少年 花子くん 1巻」(あいだいろ) [感想・コミック(その他)]


地縛少年 花子くん(1) (Gファンタジーコミックス)

地縛少年 花子くん(1) (Gファンタジーコミックス)

  • 作者: あいだいろ
  • 出版社/メーカー: スクウェア・エニックス
  • 発売日: 2015/05/22
  • メディア: コミック

お気に入り度:★★★☆☆
(2015.5月刊行)

カバーイラストが可愛いのでずっと気になっていた本。
でもあまり怖いのはダメなのでずっと買うのを躊躇していました。
今回、デジタル版が半額になってるのを目にして、思い切って読んでみる事に。
お話は、思ってたよりは大丈夫でした。

あらすじ。。。

「花子さん、花子さん いらっしゃいますか?」
かもめ学園に伝わる七不思議の噂。旧校舎3階女子トイレの3番目には「花子さん」がいて、呼び出した者の願いをなんでも叶えてくれるという。自分の願いを叶えるため、八尋寧々は学校の怪談に身を委ねる…。学園の七不思議“花子くん”とオカルト少女が繰り広げるハートフル便所コメディ第1巻!


可愛いのだけれど何か“軽い”ヒロイン・寧々に感情移入が出来ず、何か思ってた感じじゃないなーっなんて思いつつ読み進めてたのですが、全体的には面白かったです。

花子くんが登場し、寧々とポンポン言い返しあうやりとりが楽しくて、そうなると最初に感じた寧々に対する印象も変わり始めました。
可愛い系キャラ路線なのに、可愛い扱いされてないし、何か呪われてエラい事にもなってるし(笑)

お話は、昔よく聞いた(聞かされた)というか、オーソドックな“怖い話”がペースになってる感じ。
主人公が「花子さん(くん)」だしね(笑)
でも案外オーソドックスな方が後々頭に残って変な時(夜中に行くトイレとか)に思い出してゾゾっとしたりするんです、私^^;
この話もそういう類の“ゾゾッ”かな。
全体的にはコミカルなので、この“ゾゾっ”は程好い刺激になってます。

花子くんも、普段の明るいノリに反して、何か重いモノを背負ってるようでそれが何なのか気になります。
花子くんを祓おうとするキャラも現れ、いつの間にかメインキャラの座に(笑)
次巻ではまた新キャラが増えそう。

絵柄は、カバーイラストに惹かれた印象のまま、中身も丁寧で可愛かったです。
少しレトロ風なペンタッチがいいな^^

面白かったのだけれど、いまひとつキャラに感情移入出来なかったので★3つ。
でも続きは読んでいこうかなって思ってる。
このノリのまま苦手なダーク路線に入らなければ(笑)

(読了日:2017.3.16)

nice!(17)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック
メッセージを送る