So-net無料ブログ作成

BL小説「楽園暮らしはどうですか?」(夕映 月子) [感想・小説(BL)]


楽園暮らしはどうですか? (二見書房 シャレード文庫)

楽園暮らしはどうですか? (二見書房 シャレード文庫)

  • 作者: 夕映 月子 画:高峰 顕
  • 出版社/メーカー: 二見書房
  • 発売日: 2017/02/24
  • メディア: 文庫

お気に入り度:★★★☆☆
(2017.2月刊行)

作家買い。
と言っても、夕映さんの作品を読むのは久しぶりかなぁ。

あらすじ。。。

地方鉄道会社、日本海電気鐵道―通称かいでんに鳴り物入りで入社した朝霞は同僚たちから嫉妬混じりに「東大クン」と呼ばれ居心地悪い毎日。人の機微には疎くても何より鉄道が好きなのに…。そこへ声をかけてきたのは運輸部の運転士・市川。あまりのイケメンぶりにまるで接点を見いだせない朝霞だったが、一人はさみしいからと部屋に上がり込まれ、連日鍋をする羽目に。「俺とつきあう?」口調の軽さとは裏腹に、問う眼差しは真剣で…。

話はそんなに派手な展開は無かったです。

その分、朝霞と市川の関係の変化がゆっくり丁寧に書かれてあって、それに集中して読めたのは良かったです。
欲を言えば、好きになるキッカケがもう少しインパクトあればなぁとも思ったけれど。
だって、朝霞に思いを伝えてからの市川の猛アタックが凄かったんだもの。
その部分に関してはすっごくキュンキュンしちゃいました。
こんなに惚れこまれるのって何だか羨ましい!(笑)
しかも、下心とかなくてホントに誠実に思ってるんです。
だから安心しながら読めたのも良かった。

なのに、もうちょっと切ない展開があればなーなんて思うのは贅沢かしら(笑)
途中から登場してきた市川の元カレ。
既婚者なのに市川との仲を裂こうとしたり、ヨリを戻そうとするわりには世間体に負けてあっさり引いた。
うーん、ちょっと悪役になりきれない中途半端な存在だったなー^^;

仕事環境、周囲とあまり上手く言ってない朝霞。
鉄オタ含めて全部受け入れてくれる市川。
でもそんな市川も引くくらいの鉄オタっぷりを発揮してくれていたらもっと楽しくなったかも。
鉄道にヤキモチ妬くくらいに(笑)

萌え度が上がらなかったので自己評価は★3つですが、夕映さんの作品らしい優しい雰囲気が漂う物語でした。
BL濃度は濃いめ。
場面も結構あったかな。

カバーイラスト含め、高峰さんのイラストも素敵でした^^

(読了日:2017.3.24)

nice!(19)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る