So-net無料ブログ作成

小説「神さまのビオトープ」(凪良 ゆう) [感想・小説(その他)]


神さまのビオトープ (講談社タイガ)

神さまのビオトープ (講談社タイガ)

  • 作者: 凪良 ゆう
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/04/20
  • メディア: 文庫

お気に入り度:★★★★☆
(2017.4月刊行)

作家買い。
凪良さんファンなのでBL作じゃなくてもやっぱり読んでみたい。

あらすじ。。。

うる波は、事故死した夫「鹿野くん」の幽霊と一緒に暮らしている。彼の存在は秘密にしていたが、大学の後輩で恋人どうしの佐々と千花に知られてしまう。うる波が事実を打ち明けて程なく佐々は不審な死を遂げる。遺された千花が秘匿するある事情とは?機械の親友を持つ少年、小さな子どもを一途に愛する青年など、密やかな愛情がこぼれ落ちる瞬間をとらえた四編の救済の物語。

一般作でも凪良さんの独特の世界観、説得力は出てるなーって思いながら読みました。

うる波と鹿野くんの生活がベースになっての短編4編。
ほろ苦い切なさがどのお話からも感じました。
決して絶望ではないのだけれど、でもその結末が何だか救われるようでやっぱり救われないというか。
でも救われているのかな。

うる波自身も現実では夫を亡くしているという立場なので。
愛にはいろんな形があり、目に見えるもの、形になるものだけじゃないっていうのは分かるのだけれど、でもやっぱり切ない。

正直、凪良さんの作品だから読了したけれど、そうじゃなかったら読み続けるのはちょっとしんどかったかな。
今の私が本(物語)から“元気”を欲しているからかもしれないけれど。

春くん、秋くんのお話は、前にBLで書かれていた話を思い出しました。
「ショートケーキの苺にはさわらないで」っていう作品。

あと、私の想像ですが、金沢くんと秋穂ちゃんのお話は、やっぱり金沢くんの方が近々秋穂ちゃんを振っちゃうだろうなーって思う。
だって秋穂ちゃん(の精神年齢は)はすでに金沢くんの“フェチ域”超えてますからー(笑)

(読了日:2017.5.8)

nice!(24)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る