So-net無料ブログ作成

映画「メアリと魔女の花」鑑賞 [映画・舞台その他鑑賞(17年)]

メアリと魔女の花」(鑑賞日:2017.7.8(土))

チラシ・表  チラシ・裏
*クリックすると大きくなります*

【ボイスキャスト(キャラクター名)】
杉咲花(メアリ)
神木隆之介(ピーター)
天海祐希(マダム・マンブルチューク)
小日向文世(ドクター・デイ)
満島ひかり(赤毛の魔女)
佐藤二朗(フラナガン)
遠藤憲一(ゼベディ)
渡辺えり(バンクス)
大竹しのぶ(シャーロット)

・・・・・・・・・・

監督:米林宏昌
原作:メアリー・スチュアート
脚本:坂口理子
脚本:米林宏昌

【あらすじ】
無邪気で不器用な少女メアリは、森で7年に1度しか咲かない不思議な花“夜間飛行”を見つける。この花は、魔女の国から盗み出された禁断の花だった。一夜限りの不思議な力を得たメアリは、魔法大学“エンドア”への入学を許されるが、あるうそをついたことから大事件に発展してしまい……。

[かわいい]【感想】[かわいい]
ジブリ映画だと思っていたら、スタジオポノックというトコが制作でした。
でも監督がもともとジブリの方みたいなので、ジブリ色はありました。
でもやっぱりちょっと違うなーって感じもしたかな。
ま、いいや。

面白かったです。
メアリは元気で明るくて。
やる気が全部裏目に出てしまうドジっ子ではありましたが、それ含めて、可愛い女の子だなーって思えました。

ピーターも好青年。
カッコ良くて爽やか系。
でも大きくなったら絶対アゴ割れる顔だぜって思いながら観てました(笑)

前半はね、魔法や魔女や空飛ぶほうきや黒猫や。。。
ワクワクするようなファンタジー展開。
メアリの住む村(町?)に魔法や魔女の伝説があるとかいう前触れがあるわけでもなく、物語には魔法の「ま」の字も出てこないので、魔法学校とかに飛ばされちゃう時はちょっと唐突過ぎる気もしたけれど。

あらすじにもある、メアリがついたたった一つの嘘がとんでもない事になって、そこから物語はハイスピード!
(でもああいう嘘はイカンよ、ホント。思わず、メアリ、ひでぇ!!って心の中で叫んじゃったよ・笑)
ハラハラドキドキの連続。
“赤毛の魔女”の正体は薄々は感じてた。
けれどやっぱり、なんの前触れもないのでここでも唐突さを感じた。
ま、いいか。

ただね。
これは個人的な好みの問題ですが、魔法学校が影でやろうとしている事。
私にとって一番苦手なテーマ。というか、ダメなんですよ。ああいうの。
ちょっと気分悪くなっちゃった。
それまでファンタジーで楽しんでた分、ああいうトコに話を持っていかれると一気にSF色強くなってしまって。
何か、興ざめー。
まぁ皆んな救われたから良いけれど。
画面は一時“ジャングル大帝”だったね・笑

総合的に、面白かった事は面白かった。
ただ、もう一回観たいかって言われたら微妙かな。
メアリとピーターが、助かったーって思った途端、プツンとエンディング。
何かホッと出来る余韻も無かった^^;

うーん。。。
なんちゅーんだろ。
もうほんと、宮崎アニメを求めたらダメなんだなーって改めて思わされた映画。
でもスクリーンで観て損とは思わなかったので、ヨシとしようかな。

》「メアリと魔女の花」公式サイト

nice!(18)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
メッセージを送る