So-net無料ブログ作成
検索選択

コミック「【デジタル版】フルーツバスケット 1巻」(高屋 奈月) [感想・コミック(その他)]


フルーツバスケット (1) (花とゆめCOMICS)

フルーツバスケット (1) (花とゆめCOMICS)

  • 作者: 高屋 奈月
  • 出版社/メーカー: 白泉社
  • 発売日: 1999/01/01
  • メディア: コミック

お気に入り度:★★★★☆
(1999.1月刊行)

何故かずーーーーーーっと気になってた物語。アニメ化もされてるし。
そう言えばこの物語が出版されたこの年代の頃って、私自身あまり漫画やアニメ、観てなかったなー。
そのまま私は“二次元”から離れていくものだと思っていたけれど。
気付けば好きな世界に逆戻っていました(笑)

そのせいか空白の(?)この時期の作品に妙に惹かれる傾向にあって(笑)
思い切って1巻をデジタルで読了です。

1巻あらすじ。。。

テントで暮らす女子高生・透(とおる)。家事の腕を買われ草摩由希(そうまゆき)の家で暮らすことに。だが、草摩家には異性にふれると動物に変身してしまうという秘密が?

タイトル見たら、もうちょっと子供向け作品なのかなとも思ってました。
「フルーツバスケット」って、この物語の中では“なかま”っていう意味なのですね。

作品レビューの評価もとても良いので、ついつい期待。
期待通り、素直に面白かったです。

主人公・透(女の子)が良いですね。
少女マンガ王道の天然ドジっ子ではあるのですが、でも全然偽善臭くなく嫌味ないキャラクターで、彼女の綺麗で純真で素直な心が読んでてスーっと入ってきます。

彼女のようなポジティブさで日々を過ごせたら、何か世界が変わってきそうだなってちょっと心が洗われた気もしました。

長編で先は長いですが、このまま読んでみたいと思います。

(読了日:2017.7.29)

nice!(17)  コメント(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る