So-net無料ブログ作成
感想・コミック(BL) ブログトップ
前の10件 | -

BLコミック「坊っちゃまと主治医 全2巻」(真生 るいす) [感想・コミック(BL)]

坊っちゃまと主治医 (キャラコミックス) 坊っちゃまと主治医 2 (キャラコミックス)
坊っちゃまと主治医 (キャラコミックス)
坊っちゃまと主治医 2 (キャラコミックス)
(作:真生 るいす)

お気に入り度:★★★★★
(1巻:2006.11月、2巻:2009.6月刊行)

1巻あらすじ。。。
十九世紀末、イングランド北西部の片田舎。天蓋付きのベッドの中で、病弱な坊っちゃまは今日も主治医を待っている。実は坊っちゃまは、主治医のアダムに首ったけ! 老執事や乳母の心配をよそに、彼をオトす機会を虎視眈々と狙ってる。今日も仮病で呼び出すけれど…!?年の差&身分違いヴィクトリアン・ロマンス。

2巻あらすじ。。。
19世紀末、英国北西部の片田舎―執事や乳母、メイド達に大切に育てられた美しい坊ちゃま。地元の若き名士で主治医のアダムとは恋人同士。けれど大切にされすぎてキスから先はお預け!? 身分違いのヴィクトリアン・ロマンス第2弾。

1巻再読。2巻は積み本から。
この物語やっぱり大好き!
この作品で真生るいすさんを好きになってそのあと、いろいろ作家買いしました。

とにかくお坊ちゃまが可愛いの。
お坊ちゃま独特の我儘なんだけれど、それがとっても愛らしい。
ポーカーフェイスなアダムだけれど、お坊ちゃまの事、可愛くて仕方がないって感じが伝わってきて、これがまた萌える♪
大切に本棚に残しておきたい物語。
この続編は出ないのかな。

(読了日:2017.10.4)

nice!(19)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

BLコミック「恋の耳ヨリ注意報」(奥山 ぷく) [感想・コミック(BL)]


恋の耳ヨリ注意報 (ミリオンコミックス  CRAFT SERIES 38)

恋の耳ヨリ注意報 (ミリオンコミックス CRAFT SERIES 38)

  • 作者: 奥山 ぷく
  • 出版社/メーカー: 大洋図書
  • 発売日: 2010/08/26
  • メディア: コミック

お気に入り度:★★★☆☆
(2010.8月刊行)

あらすじ。。。
高校に入学したはじめは、憧れの高校生活に胸躍らせていた。しかし、その夢は打ち砕かれる!!優等生で美化委員長の3年生・名倉に気に入られ、なぜか、耳かきをさせろと追われていた。そんなある日、突然名倉が姿を見せなくなる。はじめはショックを受ける自分に戸惑いつつも決着をつけようと名倉に会いにいくのだが!?●表題作ほか書き下ろしも多数収録!!

積み本より。

今、BL作描かれてないけれど、ぷくさんの描くこの作品のようなゆるーいBLが大好きです。
表題作に登場する先輩(攻)、耳かきしたいってはじめ(受)を追っかけ回すのだけれど、確かにそれだけ読んだらヘンタイなんだけれど(笑)、でもそれにはちゃんと理由があって、いつの間にか先輩とのおっかけにハマってしまってるはじめのドキドキ悶々っぷりが可愛かったです^^

同時収録は「明日 晴のち犬曜日」がお気に入りです^^

(読了日:2017.9.30)

nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

BLコミック「キスよりやさしく」(木下けい子) [感想・コミック(BL)]


キスよりやさしく (H&C Comics ihr HertZシリーズ)

キスよりやさしく (H&C Comics ihr HertZシリーズ)

  • 作者: 木下けい子
  • 出版社/メーカー: 大洋図書
  • 発売日: 2017/09/01
  • メディア: コミック

お気に入り度:★★★★★
(2017.9月刊行)

あらすじ。。。
好きになって、キスをして、恋人としてつきあい始めた綾瀬と藤沢。キスしたら、触りたい、触ったら、もっと気持ちいいことしたい。そう思ったふたりはエッチしようとするけれど、現実はそう簡単じゃなくて!?邪魔が入ったり、怖くてたまらくなったり……気持ちは一緒のはずなのに。キスから始まった恋、ついに完結!

シリーズ完結。
木下さんの描く男の子(BL)、とっても好きなんだけれど、このシリーズの男の子達がホント好き。
どっちも初心で一途で健気で。。。
ページをめくるたびにキュンキュンしっぱなしでした。

そんな彼らもついに“大人”な関係に!
ここまでの道のりが長いのだけれど、めちゃくちゃ萌えるー♪
藤沢くんの友達、類くんも好きだなー^^

(読了日:2017.9.30)
好きだからキスしたの?
キスも知らないくせに

nice!(18)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

BLコミック「【デジタル版】ガンバレ! 中村くん! !」(春泥) [感想・コミック(BL)]


ガンバレ! 中村くん! ! (EDGE COMIX)

ガンバレ! 中村くん! ! (EDGE COMIX)

  • 作者: 春泥
  • 出版社/メーカー: 茜新社
  • 発売日: 2017/05/27
  • メディア: コミック


お気に入り度:★★★☆☆
(2017.5月刊行)

あらすじ。。。

「どうしよう 好きだ 大好きだ」ちょっとおかしな高校生、中村くんが同級生の広瀬くんに一目ボレ!?まだ友達にもなってないのに…ドキドキがとまらない!!ニュー80'sの新鋭"春泥"が送る、粘着系男子の片想いが暴走するサバイバル☆ラブコメディ!!

初読み作家さん。
レビューを読んで面白そうだったので好奇心買い。
思ってた以上に面白かったです。

BL好きだけれど、こういうニア的なBLはもっと好き。
中村くんの妄想暴走がめちゃくちゃ面白くて。
絵柄も昭和生まれの私にはとっつきやすかったです^^
あ、でも9話はいけません!
あの話はダメです(笑)
広瀬くん、強すぎる~!!!

これで終わり?
まだまだこのノリと広瀬くんとのこの距離感で悶々とする中村くんを読みたいよー!!

(読了日:2017.9.27)

nice!(17)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

BLコミック 「僕の恋の話・ヒメゴト」(神葉 理世) [感想・コミック(BL)]




読んだ当時に感想を下書きし、そのまま保留してしまっていた作品。
時期は大幅にズレてますが、せっかくなので感想は当時のままでアップします。

------------
なんて言うんだろ。こーいうの。
いいよー。いいよー。ホントに^^
こういう正統派ボーイズラブなお話が大好きです!!

ほんの2,3時間前までは同じクラスメイトでも殆ど会話をした事がなかった瑞江と梅原。美術部である梅原は筆を洗うため急いで廊下に出た時に同じく急いでいた瑞江とぶつかってしまいます。そのせいで梅原の持っていた筆が先生のネクタイに・・・。罰として、苦手意識がある瑞江と2人で暑い真夏の炎天下のもと、校内の草むしりをするハメになり、最悪な状況だと嘆いていた梅原でしたが、瑞江と会話していく内にその印象がどんどん変わっていきます。しかもクラスからも人気者で人懐こい瑞江の些細なしぐさに表情に思わずドキリ☆なんかしたりして・・・。気づけば[E:shine]恋[E:shine]に落ちてしまっていました。
誰にも言えない恋心を絵筆に込める梅原。そんな梅原に瑞江は自分を描いて欲しいと言ってきて・・・。

“恋”してしまう瞬間ってホント、こんな感じかも・・・と改めて感じてました。そんな梅原の気持ちを知ってか知らずか、梅原にちょっかいをかけてくる瑞江。それがちょっと悪ノリしすぎて、梅原には笑えない冗談だったり、何気に傷ついていたり・・・。
この辺りの梅原の心境や瑞江とのやりとりが切なくて何だかキュンとくる感じ。
好きな人を思う純粋なドキドキ感・・・なんだかいいなー。
こんな気持ち、ワタシにもあった・・・はず。(昔は・笑)
あぁ青春!って感じ!!

最後はもちろんハッピーエンドですが、瑞江の告白シーンも梅原の涙のシーンもとても感動的でした^^
この物語全てがフレッシュで爽やかで、なんだかワタシもその年代に戻れたようなたくさんのドキドキとたくさんのキラキラを一杯感じさせてくれた一冊でした。お気に入りですっ!

------------

神葉さんって今、BLは描かれてないのかな。
神葉さんの、あまり濃厚じゃなく、こういう爽やか系のBLがまた読みたい。。。


お気に入り度:★★★★★
(2006.8月刊行)

nice!(19)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

BLコミック「春は君にささやく」(木下 けい子) [感想・コミック(BL)]


春は君にささやく (ディアプラス・コミックス)

春は君にささやく (ディアプラス・コミックス)

  • 作者: 木下 けい子
  • 出版社/メーカー: 新書館
  • 発売日: 2017/08/01
  • メディア: コミック

お気に入り度:★★★★★
(2017.8月刊行)

あらすじ。。。

怪我が原因でスポーツの道を諦めた千々石が出会ったのは、ゲイの定食居酒屋の店長の泉だった。優しく育む年の差センシティブ・ラブ!

木下さん好きなので作家買い。
木下さんのお話の中では少し大人な空気。
シリアスって程じゃないけれど、ただ、千々石と泉の関係が変わっていく様子がとても丁寧に画かれているので、そう感じたのかな。

個人的には、振られても、振られても、押し捲る千々石の強引さにドキドキさせられましたが。。。^^
こういうあまり物言わずなのに、内面はとても一途で行動で見せていく攻めキャラって好きだな。

泉も過去にいろいろあって、その思いが邪魔をして千々石を受け入れてないだけで、もうすっかり好きでいる。
泉の泣ぼくろが色っぽくて、こういうのも好きなんだなー^^

大人な雰囲気の物語だったけれど、読み終えたらとっても可愛い話だったなーって。
2人のやりとりが可愛いかったからかな^^

(読了日:2017.8.7)

nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

BLコミック「むくわれたいな。」(平喜多 ゆや) [感想・コミック(BL)]


むくわれたいな。 (バーズコミックス ルチルコレクション)

むくわれたいな。 (バーズコミックス ルチルコレクション)

  • 作者: 平喜多 ゆや
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎コミックス
  • 発売日: 2010/12/24
  • メディア: コミック

お気に入り度:★★★★★
(2010.12月刊行)

平喜多さんのほんわかしたBLが気に入ってて当時、買ってました。
すでに読んで感想もアップし終えてるって思ってたけれど、勘違い。
積み本側に入ってたのね^^;

あらすじ。。。

いつも「先生」を好きになっては失恋してしまう、高校生の辰彦。大好きな従兄の篤杜は、辰彦の学校の教師で、辰彦が元気がないときには優しいピアノを弾いてくれる。実りのない恋の悩みを打ち明けるうち、いつしか恋愛対象として篤杜のことを好きになってしまった辰彦。でも、篤杜は従兄で、先生で……。

平喜多さんらしい優しくて可愛い物語でした。

感情があまり表に出ない無気力系キャラってあまり得意ではない(読んでてちっともドキドキしない^^;)ので、読み始め頃は辰彦が少し苦手でした。
でも幼い頃の辰彦がものすごく可愛いんですよねー。
篤杜にピッタリくっついてて。
その可愛さにやられました。

逆に篤杜のような溺愛、過保護、構いまくりな攻キャラには萌えるー♪
てか、甘やかしすぎだろ(*^^*)

普段は穏やかで周りに微笑を絶やさない篤杜。
彼が唯一見せた睨みの瞬間は、辰彦の同級生が辰彦に近づこうとしている様子を見てしまった時。
こっそり独占欲丸出しで、嫉妬メラメラな篤杜にキュンキュンしてしまいました。

丸々一冊、この2人の物語なので、くっつくまでもじっくり描かれていたし、とても読み応えあって楽しかったです!!

辰彦が高校生なので、本編中はキス止まり。
本格的なBLシーンはその後の2人が描かれた同時収録かな。
でも平喜多さんの絵が可愛いので、個人的にはあまり濃厚な描写は無くてもよいのだけれど(笑)

あと、辰彦に振られる同級生(=篤杜に睨まれる子・笑)視点の短編も面白かった。
年下に狙われてます(笑)

(読了日:2017.6.11)

nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

BLコミック「本当は好きなのに」(樹 要) [感想・コミック(BL)]


本当は好きなのに (H&C Comics  CRAFT SERIES 85)

本当は好きなのに (H&C Comics CRAFT SERIES 85)

  • 作者:樹 要 原作:月村 奎
  • 出版社/メーカー: 大洋図書
  • 発売日: 2017/05/01
  • メディア: コミック

お気に入り度:★★★★★
(2017.5月刊行)

月村さん好きなので、購入。
月村X樹コンビのコミカライズ、三作目ですね。
前二作も読んでますが、特にこの話、めちゃくちゃストライクでした!!

あらすじ。。。

高校生の七音は誰にも言えない恋をしていた。相手は、幼馴染みの皐だ。小さい頃は女の子みたいに可愛かった皐だけど、今では七音が見上げるくらい背も高くなり、女の子にモテまくっている。皐が好きだ、でも、この気持ちは絶対知られたくない!そう思うのに後ろから抱きしめられたり、同じベッドで眠ったり、毎日、皐に恋していた。この気持ちがバレて気持ち悪いと思われる前に、誰かとつきあおう。そう思っていた七音だけど!?

もうとにかくキュンキュンしっぱなし。

皐への思いは絶対に知られたくない!(知られたら嫌われると思ってる)と隠し通そうとする七音がいじらしくて。
そのカムフラージュで付き合う事になったのが男の先輩!
(なんで男!?さすがBL!!・笑)
この先輩も決して嫌なタイプじゃないのだけれどね。
ただ七音の気持ちがどうしても皐から離れなかっただけ。

そんな七音の様子に嫉妬する皐がまたカッコ良くてーーーーっ!!
もうたまらん!この2人!!

話は王道そのものなんだけれどね。
私はその王道に思い切り浸って、ドキドキキュンキュン出来るのが幸せよ~♪

両思いを確認しあった七音と皐。
今はどんなに大人っぽく成長していても七音に甘える時の目線は幼い頃の皐のまんまなのがすっごく可愛かったです^^

七音に振られちゃった先輩と七音のメガネの同級生くんと・・・
スピンオフ、期待しちゃう^^

(読了日:2017.5.28)

nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

BLコミック「吸血鬼と愉快な仲間たち 2巻」(羅川真里茂) [感想・コミック(BL)]


吸血鬼と愉快な仲間たち 2 (花とゆめCOMICS)

吸血鬼と愉快な仲間たち 2 (花とゆめCOMICS)

  • 作者: 羅川真里茂 原作:木原音瀬
  • 出版社/メーカー: 白泉社
  • 発売日: 2017/05/19
  • メディア: コミック

お気に入り度:★★★★★
(2017.5月刊行)

続き、楽しみに待っていました!
前巻ではアルが連続殺人犯に痛めつけられたままのとても辛いトコで終わっていたので、続きを読むのは辛かったけれど。。。

2巻あらすじ。。。

木原音瀬の大人気小説コミック化、第2巻!!昼は人間・夜は蝙蝠という不完全な吸血鬼・アルと、無愛想なエンバーマー・暁との奇妙な共同生活が始まった。少しずつ近づく二人の距離…そこに連続殺人事件が──!?

暁が捜してくれて、ホッとしたものの。。。

でももっと辛い場面がこの先にあるんだった!!って読んでいくうちに思い出した(苦笑)
覚悟してたけれど、やっぱキツかったー(><)
そして恐ろしかったーっ!

無愛想でとても冷たく感じる暁だけれど、アルには暁の人には見せない、言葉にはしない内面の優しさを知っていく。
何かジワジワときます、こういうの。

素直で悪気なくストレートに感情表現する人懐こいアルの人柄やコオモリになっても人懐っこさは変わらないアルがとにかく可愛くて。
それに振り回される暁がちょっと面白くて。
例えば、アルと恋人同士だと勘違いされてしまったり・・・ね(笑)
暁の慌てふためく様子は貴重です(笑)

日常に常に重々しさや痛ましさが付きまとってる物語ではあるのですが、そういうのが上手く調和されていて、どんどん物語にハマってしまいます。

原作を忠実に描きつつ羅川ワールドも感じさせてくれてるコミカライズ。
最後まで描ききって欲しいです。
でも原作、未完のままなんだなー^^;

(読了日:2017.5.27)
*****
シリーズ既読感想
吸血鬼と愉快な仲間たち(1)

nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

BLコミック「一生続けられない仕事 全3巻」(山田 ユギ) [感想・コミック(BL)]


一生続けられない仕事(1) (バンブーコミックス 麗人セレクション)

一生続けられない仕事(1) (バンブーコミックス 麗人セレクション)

  • 作者: 山田 ユギ
  • 出版社/メーカー: 竹書房
  • 発売日: 2010/10/09
  • メディア: コミック

一生続けられない仕事(2) (バンブーコミックス 麗人セレクション)

一生続けられない仕事(2) (バンブーコミックス 麗人セレクション)

  • 作者: 山田 ユギ
  • 出版社/メーカー: 竹書房
  • 発売日: 2011/12/17
  • メディア: コミック

一生続けられない仕事 3 (バンブーコミックス 麗人セレクション)

一生続けられない仕事 3 (バンブーコミックス 麗人セレクション)

  • 作者: 山田 ユギ
  • 出版社/メーカー: 竹書房
  • 発売日: 2015/11/27
  • メディア: コミック


お気に入り度:★★★★★
(1巻:2010.10月、2巻:2011.12月、3巻:20115.11月刊行)

作家買いしてました。
確かこの作品連載中に体調不良でお休みされたんですよね。
ユギさんの作品がとても好きなので、このニュースはとてもショックだった記憶があります。
なので今、復帰されてまた執筆されて、そしてめでたくこの物語も完結しました。

完結後積んだ状態でしたが、このたび1巻再読含め全3巻読了!!

1巻あらすじ。。。

新人弁護士・早坂義人は修習生時代に指導を受けた先輩弁護士・三上陽彦に憧れて、彼の事務所に入所した。頻繁に事務所に出入りする三上の同期弁護士・片山柾にイジられながらも日々忙しく仕事に励んでいる。しかし、三上と片山の間にある友情以上の「何か」に気がついてからはなぜか冷静ではいられなくて…!?正義のために働く男達の魅力満載なシリーズ第1弾!!

2巻あらすじ。。。

修習生時代に指導を受けた先輩弁護士・三上陽彦に憧れて彼の事務所に入所した新人弁護士・早坂義人。元検事で事務所の共同経営者・片山柾(まさき)と三上の間に「何か」があると感じていた早坂は、二人と友人関係にあった亡くなった弁護士・小野田の存在を知るが…。表題作他「人はなぜ働かなければならないのか」コミックス未収録作品と、中編読み切り「明日泣く」を収録した待望のコミックス!!

3巻あらすじ。。。

亡くなった同期・小野田の父親の葬儀に参列した際、三上は小野田の母親から遺言書を託された。しかし内容の異なる遺言書を持つ小野田に瓜二つの異母兄・島崎が三上と接触し、揺さぶりをかける。 島崎の存在は三上と片山と小野田の封印した過去を甦らせーー…!?大人気! 弁護士BLシリーズ待望の第3巻「遺言書編」クライマックス!!

やっぱり面白いです。ユギさんの描くBLは。
物語となるベースがしっかり描かれているし、その上に立つ複雑な人間関係描写も上手い。
主人公・早坂含め、三上や片山、森・・・の関係が変わって行く様子や絡み合っていく様子が楽しくて、また本気かどうか分からない大人の駆け引きなんかもあったりして、ドキドキされられる。
それに加え、弁護士の仕事をしっかり全うしてるし。
もちろんBL的エロもとても艶っぽくて楽しかったですよー^^(主に三上!)

思ってる以上に三上と片山の抱えている過去が重かった!
当時、恋人だった三上に電話コールをしながら亡くなっていった小野田の場面は胸が締め付けられそうでした。
後でその事を知った三上。
そりゃ私生活が崩れるほど後悔の念に取り付かれても仕方がないって思う。

そんな三上を側で見てる片山。
彼も同じくらい苦しかったはず。
その電話のコールを取らせなかったのは自分なのだから。

考えされられるなー。
でも早坂が彼らの間に入ってきたおかげでその苦しみから徐々に解放されていく。
あんなに好青年なイメージの小野田。
その弟(兄だったっけ?)、小野田と同じ顔をしてバカな行動に出るんじゃない!!

最後の最後まで彼らの着地点と解決方法が見えなくて、ちょっとドキドキハラハラだったなー。
三上、結構ヒドい目に遭ってるし。
いろいろあったけれど、ひとまず落ち着いて良かった!

私としては森は当て馬存在になって欲しくないので、ひと頑張りしてもらって三上を支えてあげてほしいなって思うわ。

ドラマCDもあるね。
キャストがピッタリすぎて・・・。
聴いてみたいなー^^

(読了日:2017.5.25)

nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック
前の10件 | - 感想・コミック(BL) ブログトップ
メッセージを送る