So-net無料ブログ作成
検索選択
感想・コミック(その他) ブログトップ
前の10件 | -

コミック「【デジタル版】銀盤騎士 10巻」(小川 彌生) [感想・コミック(その他)]


銀盤騎士(10) (KC KISS)

銀盤騎士(10) (KC KISS)

  • 作者: 小川 彌生
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/02/13
  • メディア: コミック

お気に入り度:★★★★☆
(2017.2月刊行)

10巻目!
ここ数巻、本来のストーリー進行からの脱線感が強い印象だったけれど、ようやく私の読みたい路線に戻った気がしました。
クライマックスに向けての期待を込めて、★4つ!!

10巻の内容(あらすじ)。。。

オリンピック直前に右足の手術に踏み切った心。オリンピックで「呪文」をかけてもらえなくても構わないから、勇気を出して心臓の手術を受けてほしいと心に告げられ、悩む千登勢…。各国の五輪出場選手が出揃う中、「チーム雉子波」に想定外のアクシデントが!!

「チーム雉子波」に想定外のアクシデントが!!・・・ってどんなアクシデントやねんって思ったら、心のコーチがぶっ倒れるという展開でした。
代理コーチとして五輪大会に同行してきたのは麗人のコーチである田村コーチ。
どうやら心のコーチと旧友の仲のよう。

でも五輪に外れた麗人が今期限りで引退とか、主役である千登勢や心の動き以上にビックリな展開が次々と起こってます^^;
相変わらず青木大牙と心の妹の恋バナも中途半端。
千登勢の仕事先の編集長・沢田も何か言いかけて、それまんま。
心のライバルでもある外国人選手達も皆んなインパクトに欠ける。
皆んなカッコいいのに、勿体無いなー。

それでもっ!!
物語の最初の頃を思うと、心、強くなったなー(やっと・笑)って男らしく、頼もしくなってきた。
千登勢は手術のため、心に同行出来ず。
(髪切った千登勢、ずいぶん雰囲気変わるね。どっちも可愛い^^)
日本でお留守番だったのでいつもより登場シーンが少なかったけれど、離れていても2人は支え合っているんだって感じられるシーンがたくさんあって、ほっこりしながら読めました。
「(金メダル)絶対獲って」
「絶対獲れっがら」
このラインのやりとり、萌えました^^
心、カッコいいぞっ!!
10巻最後に、心に送った千登勢のメッセージの「銀盤の騎士」という言葉。
この物語ももうすぐクライマックスなんだなーって感じちゃった。
ちょっと寂しいけど。

余談。。。
風太くん、一気に大人顔になっててビックリだった!!

(読了日:2017.2.18)
*****
シリーズ既読感想
【デジタル版】銀盤騎士(9)
【デジタル版】銀盤騎士(8)
【デジタル版】銀盤騎士(7)
【デジタル版】銀盤騎士(6)
【デジタル版】銀盤騎士(5)
【デジタル版】銀盤騎士(4)
【デジタル版】銀盤騎士(3)
【デジタル版】銀盤騎士(2)
【デジタル版】銀盤騎士(1)

nice!(19)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

コミック「ぼくのとなりに暗黒破壊神がいます。7巻」(亜樹新) [感想・コミック(その他)]


ぼくのとなりに暗黒破壊神がいます。7 (MFコミックス ジーンシリーズ)

ぼくのとなりに暗黒破壊神がいます。7 (MFコミックス ジーンシリーズ)

  • 作者: 亜樹新
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2016/12/26
  • メディア: コミック

お気に入り度:★★★★☆
(2016.12月刊行)

7巻目!
高校3年生になった小雪達。
顔も最初の頃に比べたら少し大人顔になってる!?

7巻の内容(あらすじ)。。。

累計34万部突破!! 大人気中二病コメディ!!相も変わらず小雪くんに一方的な熱愛攻撃の花鳥くん。そしてさらに増殖する、変人ばかりの花鳥フレンズ。超ツッコミ厨と超中2病の果てなきスクールデイズはカオスに炎上中!!

今巻もワイワイ賑やかで楽しかったです^^

物語の中には、花鳥くんを筆頭にたくさんの中二病キャラが登場してくるのだけれど、皆んな、それぞれ、キャラがしっかり立ってるから、読んでてゴチャゴチャした感じがしない。
飽きない。疲れない。
これって、作者さんが上手いんだろうなー^^

毎日皆んなでつるんで(小雪はつるんでいるつもりはない・笑)おバカな事ばかりやっているようで、花鳥達って案外しっかりと今後の進路や将来を考えているんじゃないか・・・って思わされる巻でもあり。。。
気が付くと、小雪くんだけがポツン・・・なんて事もありうる展開を想像してしまって、小雪ファンの私としては気が気じゃない(笑)
小雪くんって本来とてもマイペースで根っから人の良いのんびり屋さんだと思うし。
(だからつるまれる・笑)
相変わらず月宮の手のひらで転がされている気もするけれど(笑)

あと、月宮くんと花鳥くんの関係も描かれていてとても興味深かったよ。
花鳥くん、無自覚に周りを幸せにしてる?

彼らが“大人”になっていくのが想像できないけれど、でもいつか高校時代も終わっていく。
限りある彼らの中二病時代をまだまだ一緒に楽しませて欲しいです。
次巻も楽しみに待ってます♪

(読了日:2017.2.18)
*****
シリーズ既読感想
ぼくのとなりに暗黒破壊神がいます。(6)
ぼくのとなりに暗黒破壊神がいます。(5)
ぼくのとなりに暗黒破壊神がいます。(4)
ぼくのとなりに暗黒破壊神がいます。(3)
ぼくのとなりに暗黒破壊神がいます。(1)~(2)

nice!(20)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

コミック「マーメイド・ボーイズ 1巻」(さらち よみ) [感想・コミック(その他)]


マーメイド・ボーイズ(1) (KCx)

マーメイド・ボーイズ(1) (KCx)

  • 作者: さらち よみ
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2016/08/05
  • メディア: コミック

お気に入り度:★★★★☆
(2016.8月刊行)

本検索でヒットした作品。
「アルカナ・ファミリア」のキャラデザされていたさらちよみさん。
そのイラストがとてもお気に入りだったので、好奇心もあってオリジナルコミックスであるこの本を買ってみました。

思ってた以上に楽しい設定&展開です。

物語の内容(あらすじ)はこんな感じ。。。

結ばれなければ泡になる――。
人魚の国の王子・ナルは、一目惚れした人間の少女・波に会うため、魔術師メロウに頼んで人間にしてもらう。しかし、その引き換えに失ったのは、なんと、自分の「美貌」!さらに1年以内に波と結ばれないと泡になってしまうと言われ――!
?】

幼い頃一度は読んだこと、聞いた事がある童話「人魚姫」の逆転バージョンのようです。
と、言っても、一目ぼれして人間になりたいって思った動機こそ同じだけれど、ただただ影でひっそりと恋焦がれる悲恋もの、ではありません。
笑い満載!とっても明るくて賑やかで楽しい物語になってます。

人魚の時はとても美しい王子様だったのに、人間になった途端、少年顔で、恋した少女に相手にされず変態扱いされ、あげくに「俺、こんなヤツ好きになったのかー!?」なんて後悔したりして(笑)
まぁ変態扱いされるような言動なんですけれどね、ナル王子は(笑)
人魚だった王子としての“当たり前”が全然通じないんですもの。
波にぶっとばされ、飛んでいくコマ、好きだなー(爆)
いやぁ面白いっ!!

ナルが一目ぼれする少女・波。
波に気があるんだろう、人間の青年。
何か知ってそうな様子の青年。
波と一緒に暮らしていて最初からナルに好意的な青年・・・などなど。
1巻からバラエティーに飛んだキャラクターがたくさん登場していて楽しい。

最初こそナルの存在を怪しんでいた波でしたが、泊り客から父の遺志の民宿の思いを守ってくれたナルに少し心が開きつつある感じです。
ここからナルと波がどういう風にラブな関係になっていくのかな。
童話通り、どこかで悲恋で切ない感情も見せてくれるのかしら。

次巻予告ではナルのライバルが登場しそうだし、ナルを人間にした魔術師も何か企んでるっぽいです。

今調べたら2巻、発売されていました。
次巻も読みたいって思って、自己評価★4つ付けました。
早速買って読もうと思います^^

(読了日:2017.2.15)

nice!(20)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

コミック「幽落町おばけ駄菓子屋 1巻」(明日香 さつき) [感想・コミック(その他)]


幽落町おばけ駄菓子屋(1) (Gファンタジーコミックス)

幽落町おばけ駄菓子屋(1) (Gファンタジーコミックス)

  • 作者: 明日香 さつき 原作:蒼月 海里 作画:六七質
  • 出版社/メーカー: スクウェア・エニックス
  • 発売日: 2016/04/23
  • メディア: コミック

【あらすじ】
あの世とこの世の狭間に集う、人の未練と優しい絆。大学進学のため、東京“有楽町"で新生活を始めることになった御城彼方は不動産屋の猫目ジローと共に、風呂・トイレ別で家賃4万という破格の新居を訪れる。だがそれは妖怪や幽霊が跋扈する、この世とあの世の狭間の街“幽落町"の物件で…!?累計30万部突破の人気シリーズ待望のコミカライズ!!<原作者>蒼月海里書き下ろしエピソード&<キャラクターデザイン>六七質描き下ろしピンナップ収録!!

お気に入り度:★★★★★
(2016.4月刊行)

小説から気になっていた物語です。
コミカライズの方も評判良かったので、こっちから読んでみる事にしました。

物語そのものも思ってた以上に面白く、また明日香さつきさんの絵柄も好みのせいか好きな感じだなーって思いながら読み進められました。

水脈さん、美しくて、そして可愛いです。

影で登場する幽霊にはちょっと最初は辛かった。
(私は子供や動物にスポットが当たるのは辛い><)
でも虐待とかじゃなくて良かった。
最後は(魂が)救われて良かった(涙)

彼方くん、しばらくは滞在ですね(笑)
猫目ジローのようなキャラも好き。

まだまだ謎や秘密が多そうな“幽落町"。

コミカライズは2,3巻と発売されているようだし、それと同じくやっぱり原作本も読んでみようかなって思ってます^^

余談ですが、自分が直感で“面白そう”って思った本ってやっぱり読んでみた方が良いですね。
この作品もそうだけれど「当たり」だった場合の方が断然多い^^

(読了日:2017.2.12)

nice!(20)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

コミック「男家!! 全2巻」(須貝 あや) [感想・コミック(その他)]


男家!! (B’s LOG Comics)

男家!! (B’s LOG Comics)

  • 作者: 須貝 あや
  • 出版社/メーカー: エンターブレイン
  • 発売日: 2008/05/31
  • メディア: コミック

男家!! 2 (ビーズログコミックス)

男家!! 2 (ビーズログコミックス)

  • 作者: 須貝 あや
  • 出版社/メーカー: エンターブレイン
  • 発売日: 2009/02/28
  • メディア: コミック

【あらすじ】
男ばかり7人家族★二階堂家へいらっしゃい!7年前に両親を亡くした二階堂家は、男ばかりの7人兄弟。エリートリーマン、漫画家、大学生から小学生……そろいもそろってイケメンだらけの大家族はいつも大騒ぎ!個性豊かな兄弟たちに囲まれた五男の睦は、慌しい暮らしに我慢しきれず、「普通の家 族」に憧れるけど…!?大好評★イケメン大家族コメディ単行本化!!

【あらすじ・2巻】
男ばかり7人家族二階堂家は今日も大変!二階堂家は、社会人から小学生まで男ばかりの7人兄弟で暮らす大家族。ある日、みんなの胃袋を満たす料理を作る次男・陸が風邪で倒れてしまい…!?運動会もクリスマスも旅行に行っても大騒ぎ!大好評★イケメン大家族物語、皆様の声に支えられて、待望の続編登場!!


お気に入り度:★★★★★
(1巻:2008.5月、2巻:2009.2月刊行)

初読み作家さん。
ある時、利用してるhontoサイトの“オススメ欄”に表示されて。
あらすじを読むと何だか好みっぽいと思い、好奇心もあって買ってみました。

うふふ。
“オススメ”されるだけあって、モロ、好みの物語でした^^

面白かったです。
〔二階堂家〕
長男・昌也
次男・陸
三男・和彦
四男・大志
五男・睦
六男・翔太
七男・みのり

両親は事故で居なくて現在男ばかりの7人兄弟で暮らしている。

特に大きな事件があったり、ハラハラさせられたり、という刺激的な展開はないのですが、男ばかりの二階堂家の賑やかな日常がとても楽しくて。

時にはケンカもしたり、寂しかったり、賑やか過ぎる環境に嫌気が差したり。
でもやっぱり最後はお互いを大切にしあう兄弟達にほっこりさせられました。

1,2巻とも五男・睦視点で描かれています。
おっとりしているので気付けばいっつも損な役回りに立ってる感じだけれど、でも一所懸命で可愛いかったです^^
長男達も頼もしい。

2巻で完結?
もうちょっと読みたかったなー。

(読了日:2017.2.11)

nice!(20)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

コミック「【デジタル版】背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~ 9巻」(横田 卓馬) [感想・コミック(その他)]


背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~ 9 (ジャンプコミックス)

背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~ 9 (ジャンプコミックス)

  • 作者: 横田 卓馬
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2017/02/03
  • メディア: コミック

【あらすじ】
決勝の最終種目で必殺技を披露し、全てを出しきった土井垣&綾辻ペア。果たして王者・咲本&永島ペアに勝利することができるのか…。運命の結果発表が今始まる! そして大会は、いよいよラテン部門へ突入!

お気に入り度:★★★★★
(2017.2月刊行)

続きを楽しみにしている作品のひとつ。
物凄く面白かったー!!

ついに決着。スタンダードの決勝戦!
もうめちゃくちゃ感動したよ。
土井垣&綾辻ペア、解消ナシだね^^

そして続いて始まったラテン部門。
八巻と椿、すっごい迫力!!
典型的ケンカップルだけれど、でも根はやっぱり「コイツだけ」って思い合っているのが読んでてドキドキしてしまう。
競技中のアクシデントで椿が憧れの咲本と踊る事になった時に叫んだ八巻に激萌え!
まさかこのマンガで“萌え”って言葉が出てしまうとはっ!、でもそれくらいカッコ良かったです。

ホント、面白いなー!!

結果、どうなるんだろうなー。
ドキドキだ。

で、あとがきで作者さんもつぶやいていたけれど。
主人公(土屋くんと亘理さん)コンビが全く踊ってない(笑)
そろそろ主人公の頑張りも読みたいぞっ!!

何度も呟いているけれど、これ、アニメ化されないかなー。
きっと面白いと思うのだけれどなー。

(読了日:2017.2.8)
*****
シリーズ既読感想
【デジタル版】背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~(8)
【デジタル版】背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~(2)~(7)
【デジタル版】背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~(1)


nice!(19)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

コミック「男水! 6巻」(木内たつや) [感想・コミック(その他)]


男水! 6 (花とゆめCOMICS)

男水! 6 (花とゆめCOMICS)

  • 作者: 木内たつや
  • 出版社/メーカー: 白泉社
  • 発売日: 2016/12/20
  • メディア: コミック

【あらすじ】
都大会二日目まっただ中。決勝レースにコマを進める大樹と、大樹の泳ぎに激昂する礼央。過去から現在、そして未来。因縁の2人が激突する先にあるのはいかなる道か。一方で、部員それぞれのレースの結果が見えてくる中、東ヶ丘高校水泳部の部長として、秀平がとった行動とは──?青春を切り取る本格高校競泳マンガ、第6巻。2017年1月TVドラマ化&5月舞台化!

お気に入り度:★★★☆☆
(2016.12月刊行)

新刊発売されてるの知らず慌てて購入。
実写ドラマも始まっていたのですね。
ドラマの方はともかく(観てないので)、原作、(展開が)進まないなー。。。と^^;
レースは物凄く迫力あって、ドキドキさせられちゃうのですが、なにぶん東ヶ丘高校の面々があまり目立たなくて。。。

気付けばもう6巻なのに、とにかく主役キャラ達の内面やそれぞれの背景がいまだうやむやで、何かこう“これ”っていうのが見当たらない。
大樹もいまいち掴みどころがないしなー。
コーチが来たあたりは、おっ!って感じだったのになぁー。
正直、うーん。。。という感じです。

でも大樹のレースの決着は気になる。
ここで続く!?ってトコで終わった。
やっぱりもうちょっと読み続けていこうかな・・・って思った読了でした。

(読了日:2017.2.6)
*****
シリーズ既読感想
男水!(5)
男水!(4)
男水!(3)
男水!(2)
男水!(1)


nice!(21)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

コミック「群青にサイレン 4巻」(桃栗 みかん) [感想・コミック(その他)]


群青にサイレン 4 (マーガレットコミックス)

群青にサイレン 4 (マーガレットコミックス)

  • 作者: 桃栗 みかん
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2017/01/25
  • メディア: コミック

【あらすじ】
捕手として、常に空と向かい合うことになった修二。葛藤を続ける中、思わず溢れ出てしまった本音を空に聞かれてしまったことで、2人の関係に大きな変化が…!?

お気に入り度:★★★★★
(2017.1月刊行)

続き、楽しみに待ってました。
話が進むにつれどんどん面白くなっていきます。

修二のふっきれない気持ちの面は、少し葛藤がありながらも今までと変わらない状態ですが、今巻は空の方に大きな気持ちの変化があって、それがまた大きく物語の展開を揺さぶってます。

ずっと修二視点だったのが、空視点で語られる場面もあり、空の心の部分も分かりだしてきます。
また空の家庭環境も。
それを知ると修二がわだかまっている部分に、少しズレがあるようにも思えるのだけれど。
ただ、今の空のポジションはそういうコネ無しで監督が選んでいるのだから空のピッチャーセンスは本物なんだろうなーとは思う。

個人的には空の笑顔がとても好きだったので、笑顔がなくなった空を見るのは辛い。
でもある意味、これで修二と空、内面的には同じラインに立った気がするので、2人の関係に何か大きな変化がありそうな予感もする。

スポ根マンガから感じられるような爽やか青春!っていう空気では全然無いのだけれど、でも何か“いいなー、思春期(青春)!!”なんて思える作品。
とてもとても気に入ってます。

続き、すっごく楽しみです。

巻末の予告ページを見たら、結局、2人の一番最初の出会いのように、修二が空を引っ張っていく感じになりそうかな、なんて勝手に想像してます。

(読了日:2017.2.1)
*****
シリーズ既読感想
群青にサイレン 3
群青にサイレン 2
群青にサイレン 1

nice!(23)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

コミック「ネコドモ」(きたがわなつみ) [感想・コミック(その他)]


ネコドモ (BUNCH COMICS)

ネコドモ (BUNCH COMICS)

  • 作者: きたがわなつみ
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2017/01/07
  • メディア: コミック

【あらすじ】
モフモフでぷにぷにでやんちゃ! 猫のコドモ、育ててます。 都心から南方面の電車に一時間ほど乗ると、猫たちの住む「猫ヶ原」へ到着します。キジトラ白の男の子・太郎くんとお母さんは、ふたり暮らし。 楽しいことも哀しいことも、いつもふたりで乗り越えています。キュートな母子に心あったまるネコ育て漫画、開幕♪

お気に入り度:★★★★★
(2017.1月刊行)

カバーイラストとあらすじに惹かれ、即効買い。
もうめちゃくちゃ可愛い!!
猫の世界の物語でなく、(上手く言えないけれど)猫を通して描かれている母と子のハートフルなお話でした。

一緒に生活していたら、母親でもやっぱり時々子供にイライラしたり、現状を投げ出したくなったりするけれど、でも息子・タロウの事が大好きで、大好きで、大好きで。
タロウもそんなお母さんの事が大好きで、大好きで、大好きで。

父親が居なくて寂しい事もいっぱいあるだろうけれど、きっとタロウは心優しい大人に成長していくだろうって母親の接し方、育て方を見て想像できる。

「愛されてる」っていう実感って、形じゃなく、やっぱり心なんだなーって改めて感じた物語でした。
そして子供はその「愛されてる」実感で、人を、周りを、愛せる心を育くんでいくんだとも感じました。

可愛いだけでなく、いろいろ感じさせてもらえる優しい物語でした。

あらすじには“開幕♪”って書かれてあったのでてっきり続きものだと思ってたのだけれど。
これで完結なのかな。
もっと読みたいな。

(読了日:2017.1.31)

nice!(22)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

コミック「【デジタル版】アシガール 8巻」(森本 梢子) [感想・コミック(その他)]


アシガール 8 (マーガレットコミックス)

アシガール 8 (マーガレットコミックス)

  • 作者: 森本 梢子
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2016/12/22
  • メディア: コミック

【あらすじ】
戦のさなか、唯は一部の家臣に女だとばれてしまう。女中たちの嫉妬を一身に受けた唯に、戦場と同じくらいのピンチが到来!?一方、窮地を脱した若君が一番最初に向かった先は…?そして、若君と若君の腹違いの兄・成之との兄弟関係にも変化の兆しが…。恋も戦も急転直下、目が離せない第8巻!

お気に入り度:★★★★★
(2016.12月刊行)

紙本発売後、デジタル化されるのをこれほど楽しみにして待ってる本はないだろうと思うくらい首を長くして待ってました。

ホント、この物語大好きです!!
若君はカッコ良いし、唯は可愛いし。

前巻のラストで唯が女だとバレてしまい、若君の大切な女性と知れ渡り、もしかしてココから私が苦手とする大奥の展開か!?と思ったり、その策略でまたもや若君とスレ違い!?ってハラハラしながらページを捲っていましたが。
いろんな意味でこの作家さん、あまり間延びさせない(同じような事を繰り返させない)のも個人的に良いです。

若君との再会、ホッとしたよ~~~^^
若君の、唯への思いを隠さない言動がいつもの事ながらすっごく素敵(*^^*)
プロポーズの言葉も若君らしい。
まったく飾らずストレートな言葉で激萌えでした(*^^*)

さっきも書いたけれど、話が進んでもまったく間延びない展開でホントに楽しくて面白いです!
今巻は“笑い”以上に若君と唯の2人にキュンキュン度が急上昇でした^^

「嫁」の立場より「(若君を)守る立場」を選ぼうとする唯が唯らしくて何だかジーンときちゃった!

物語最初から唯と若君のキャラクター像が全くブレないので、安心して読み進められます。

若君の兄ちゃんも良い味出し始めたなー(笑)
続きが楽しみで仕方がない。
早く読みたいなー。

(読了日:2017.1.26)
*****
シリーズ既読感想
【デジタル版】アシガール (7)
【デジタル版】アシガール (6)
【デジタル版】アシガール (2) ~(5)
【デジタル版】アシガール (1)

nice!(24)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック
前の10件 | - 感想・コミック(その他) ブログトップ