So-net無料ブログ作成
検索選択

コミック「【デジタル版】大正処女御伽話 2巻」(桐丘 さな) [感想・コミック(その他)]


大正処女御伽話 2 (ジャンプコミックス)

大正処女御伽話 2 (ジャンプコミックス)

  • 作者: 桐丘 さな
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2016/06/03
  • メディア: コミック

お気に入り度:★★★★★
(2016.6月刊行)

期間限定で無料配信していた1巻を読んで、この物語とキャラクター達がとても好きになり、1~3巻と即買いしました。
1巻の感想はこちら。。。

2巻あらすじ。。。

時は大正──。事故で右手の自由を失った珠彦は父から田舎の別荘と金で買われた嫁の夕月をあてがわれた。家を追われ、引き籠もりの厭世家となり果てた珠彦にかいがいしく、心を込めて世話をする夕月。いつしか彼女を幸せにしたいと思い始めた珠彦だが…。そんなある夜、珠彦の前に見知らぬ娘が現れて!? 大正ノスタルジックホンワカストーリー第二巻!

1巻最後で夕月を幸せにする!と誓った珠彦。
ひたすら健気に珠彦を慕う夕月。
2巻ではそんな2人の絆を試されるような出来事が起こり、切なさで何度もキュンキュンさせられます。

新しく登場してきた陵(女の子)。
ちょっとしたイジワル心でからかっただけなのに、事態はエライ方向にいっちゃいましたね。
でもまぁ勘違いしちゃうよね。
いくら不可抗力だとしても花言葉を含む思いを込めたプレゼントに他の女の匂いまでつけられちゃったら、天使のような夕月もさすがに怒るわな。
うん。それが素直な感情。
泣いていいんだよ、夕月。

そんな夕月にあたふたするばかりの珠彦さま。
なんて不器用なの。。。てか、ホント、根っからのお坊ちゃんだなぁ(笑)
女性に対してもホントにスレてないんです。
扱いが分からない。
でもそこがいいだよね^^
だからこそ珠彦の言動ひとつ、ひとつにウソがない。

もう珠彦さまも夕月も可愛すぎる!!

どうなる事かと思ったけれど、結果的には今回の出来事で2人の絆がまた強くなったのは間違いない。
良かった!!

珠子(珠彦の妹)も可愛いね。
いつの間にか兄妹の絆も深まってる。

陵の弟が奉公に出たり、ほのぼのした日常が描かれてる中で、その時代の様子や背景もしっかり描かれていて読み応えあります。
親友に会いに東京に向かった夕月。
見送る珠彦。
“まさかその約束が果たせなくなるとは-・・・”なんて、何となく不穏な文章が入ってきていたので、離れた2人の間に何かあるのかって思ってたけれど。
・・・そうか。
関東大震災はこの年だったのか。
この時代を描くなら避けては通れない出来事だものね。
夕月の行方も心配だけれど、奉公に出た陵の弟も心配だよ。

早急に続きが読まなくてはっ!!

余談。。。
私の“大正レディ”と言ったら「はいからさんが通る」でしたが(あぁ年齢がバレバレ^^;)、今では夕月も負けず劣らず、私の中での「大正レディ」の代表になりました!!

(読了日:2017.4.1)
*****
シリーズ既読感想
大正処女御伽話(1)

nice!(22)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

小説「神様の子守はじめました。」(霜月 りつ) [感想・小説(その他)]


神様の子守はじめました。 (コスミック文庫α)

神様の子守はじめました。 (コスミック文庫α)

  • 作者: 霜月 りつ
  • 出版社/メーカー: コスミック出版
  • 発売日: 2015/10/19
  • メディア: 文庫

お気に入り度:★★★☆☆
(2015.10月刊行)

何気に本の検索をしていたらオススメとしてヒットした本。
初読み作家さんでしたが、カバーイラストとあらすじが好みだったので好奇心で購入しました。
・・・しかし、検索データというのかな、私の好み、よく理解しているなー・笑

物語の内容はこんな感じ。。。

就活で苦しんでいた羽鳥梓は神頼みしに神社へ行ったが、そこで天照大神と名乗る女性に、無理やり仕事を斡旋される。なんと東西南北四神の神子の子守だという。まだ卵の神子を抱えてかえった梓だったが―。勤務地:池袋、給料:手取り24万円で銀行振込、ボーナス付き。ただしちょっと精気が減るかも?な、羽鳥梓の波乱に満ちた子守生活が始まる。

正直、好み、ドンピシャリ!っていうには微妙にズレてはいたので自己評価は★3つ。
でもこれはこれで楽しかったです^^

おチビさんの四神達が可愛いね。
これくらいの年齢(2歳くらい)でも、すでに4人4様の性格、個性がハッキリ出ていて、それがとてもうまく書かれていました。
可愛かったり、やんちゃだったり、大人しかったり、わが道を行く・・・だったり。
読みながら私も梓と一緒に4人の子神達に振り回されっぱなしだったなー(笑)

梓は就職戦線に乗り遅れて焦ってるちょっと地味な青年ですが、根っからお人よしで優しくてとても誠実でなので好感持てます。

神様達と触れ合ってるせいか、梓自身にも不思議な現象が起こり始めます。
ほとんどが優しい空気でまとめられているのですが、中にはゾクっとするような危険な目にも遭ったりして、ほどよくハラハラさせてもらえました。

楽しい神様達もいっぱい登場してきますが、反面、四神の力が必要な神様の中の裏切り者が、子供たちを狙わっているようです。
神の前では人間の力なんてあって無いようなものですが、梓、また巻き込まれちゃうんだろうなぁ。
それでいて、子供達を守ろうとするんだろうなぁ。

欲を言えば、神様ばかりでなく、梓の身の回りというか、梓の人間関係ももう少し濃く書かれているといいなとも思いました。
巻が進んでいくと、そういう場面もあるのかな。

そうそう。
スサノオノミコトだったっけ?
アマテラスのヤンキーな弟。
彼が話す海外映画版ドラゴンボールの話はめちゃくちゃ笑いました(笑)
皆んな思って事一緒なんだって安心したよ(笑)

(読了日:2017.3.30)

nice!(22)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

コミック「【デジタル版】ピアノの森 3巻」(一色 まこと) [感想・コミック(その他)]


ピアノの森 3 (モーニングKC (1431))

ピアノの森 3 (モーニングKC (1431))

  • 作者: 一色 まこと
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2005/04/14
  • メディア: コミック

お気に入り度:★★★★★
(2005.4月刊行)

評価通り、すっごく面白いです。
今、じっくり読む時間が取れないので、一気読み出来ないのがつらい。。。(笑)

3巻あらすじ。。。

他の曲は聴いただけで思い通りに弾けるのに、ショパンだけは思うように音を鳴らせない……。“ピアノを他人に教わるつもりなどまったくない!” “でも弾きたくてしょうがない!” 葛藤する小学五年生・カイに、「森の端」で共に暮らす亜理沙は素朴な答えをぶつける……!!

ただただショパンを弾きたいがために、他人に、ましてや阿字野には絶対教わりたくないカイがついに頭をさげる!

そうだね、何でも“基礎”なんだよね。
って、偉そうに言える立場じゃないんだけれど(笑)

この物語を読むと、ピアノに触れてみたいなー。
私の場合はエレクトーンだったけれど、
でももう一回、弾いてみたいなーなんて気にさせられる。

カイの弾くピアノの音。
聴いてみたい。

そしてカイが“弾く”という事の世界が広がれば広がるほど雨宮くんの感情が歪んでいく。
でもこういう感情になるのが普通。
だって、雨宮くんは雨宮くんで小さい時から、それこそ“基礎”を叩き込まれて、毎日毎日、何時間も練習してきてるんだもの。
そんな努力の横からカイがスルっと簡単に通っていってる・・・。
カイだって簡単に通ってるワケじゃないのだけれど、雨宮くんからするとそう感じてしまう。
芽生えるライバル心。

カイも。
本人の意思じゃないけれど、雨宮くんが優勝を狙う同じコンクールに出場する事になった。
ますます面白くなっていきそう。

時間作って早く次巻読もう!!

(読了日:2017.3.25)
*****
シリーズ既読感想
【デジタル版】ピアノの森(1)~(2)

nice!(25)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

風太、6年と6ケ月記念日! [今日のまるこ(雑談)]

今日は風太が我が家にやってきて6年と6ケ月・・・正式には6年と6ケ月と8日目です。
アハッ!風太の記念日、忘れちゃってた^^;
ごめんねー。風太~。

DSC_0008.JPG

掃除中に爆睡中の風太。
いいよ、いいよ。ボクの事なんて…ってスネてる風に見えるのは私だけ?(笑)

nice!(20)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

始めました。 [今日のまるこ(雑談)]

勉強、始めました。
超超初心者向けのCAD本。

DSC_0009.JPG

スキルアップっていうか、まぁ何というか必要に迫られて???って感じ。
GW中には基礎が一通りできるまでには身につけます。(決意!)

nice!(18)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コミック「【デジタル版】大谷さんちの天使様 2巻」(鳥乃 桐) [感想・コミック(その他)]


大谷さんちの天使様(2) (ガンガンコミックスONLINE)

大谷さんちの天使様(2) (ガンガンコミックスONLINE)

  • 作者: 鳥乃 桐
  • 出版社/メーカー: スクウェア・エニックス
  • 発売日: 2017/03/22
  • メディア: コミック

お気に入り度:★★★★★
(2017.3月刊行)

可愛さに惹かれ衝動買いした1巻でこの作品のファンになり、それから2巻の発売をずっと待っていました!!
面白さ、可愛さがさらに加速してましたね。
すっごく楽しかったですっ!!
個人的には★5つ以上付けたい評価♪

2巻あらすじ。。。

この可愛さ、ルシフェルが堕天やめるレベル。天使ミカエルのちっちゃな奇跡にすっかり慣れてきた、光伸・啓介・広明の幼馴染みトリオ。一方ミカエルを溺愛する兄ルシフェルはますます仕事に集中できず、休暇と称して部下と一緒に《こまち通り商店街》を挨拶回り!?さらにミカエルを狙う悪魔姉妹も登場して、商店街はますます賑やかに! ちょっとの不思議と、ちょっとのやさしさ。天使と悪魔もやって来る商店街の、わくわく日常コメディー第2巻♪

すでに何度も読み返し、1巻からまた再読してしまってるくらいお気に入り!

2巻表紙を飾ってるミカちゃんの兄・ルシフェルのブラコン度もますます加速してて、もう兄ちゃん一人で全部持って行っちゃう暴走(溺愛)ぶりっ!!(笑)
おかげでみっちゃんの影が薄くなった!?って思ったのは私だけ???
でも個人的にブラコン設定が大好きなので、ルシフェルの登場は大歓迎ですっ^^
部下(?)もいいね。
ルシフェルより貫録あって(笑)

ミカちゃん、可愛い!
超いい子!
嫌味ない素直さで可愛さキュン萌え!!

みっちゃんの友達達も明るさ、賑やかさで健在!
皆んな個々にキャラ立ってるわー。
楽しい♪

ついにミカちゃんを狙う悪魔達も現れて、これからの展開ももっと楽しみになりました!!

早く続き、読みたいなー^^

(読了日:2017.3.22)
*****
シリーズ既読感想
【デジタル版】大谷さんちの天使様 (1)

nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

コミック「【デジタル版】嘘解きレトリック 7巻」(都戸利津) [感想・コミック(その他)]


嘘解きレトリック 7 (花とゆめCOMICS)

嘘解きレトリック 7 (花とゆめCOMICS)

  • 作者: 都戸利津
  • 出版社/メーカー: 白泉社
  • 発売日: 2016/12/20
  • メディア: コミック

お気に入り度:★★★★★
(2017.2月刊行)

デジタル版で読んでるので、紙本発売から早くデジタル化してくれないかと、ずっと待っていました。
ようやくです。

7巻あらすじ。。。

左右馬の兄・篤嗣に会いにいった左右馬と鹿乃子。だが篤嗣の妻が若い男に「ウソ」の告白をされているのを見て…!?

前巻は左右馬が警察に連れて行かれてしまったため、鹿乃子の一人行動がメインでした。
今巻ではまた2人で共に行動。

やっぱりこの2人が揃っていないと(笑)!
左右馬と鹿乃子のやりとりがやっぱり好きだな。
前巻で、一人になった寂しさや不安からか、一人で遠出外出しようとする左右馬にひっついていく鹿乃子が可愛かったです。
純粋に左右馬を慕ってる鹿乃子。
なのに左右馬先生。。。鹿乃子がついてくると旅費が倍になるって真剣に嘆いてたヒトコマがウケた(笑)

話が進むにつれ、少しずつ左右馬の過去や家庭事情が見えてきました。
普段、あんなにヘラヘラしてるんだもの。
絶対同じくらい重いモノ背負ってるって思ってたよ。

左右馬の命をも狙おうとする兄、篤嗣・・・。と言っても義兄かぁ。
未だ本格的な登場はないけれど。

先にその篤嗣の奥さんが登場です。
いろいろ複雑、思ってたよりやっかいな事件になってます。

今巻も楽しくてぐいぐい物語りに引き込まれ、一気に読んじゃいました。
文句なしの★5つ!

続き、早く読みたいです。

(読了日:2017.3.25)
*****
シリーズ既読感想
【デジタル版】嘘解きレトリック(2)~(6)
【デジタル版】嘘解きレトリック(1)

nice!(18)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

BL小説「楽園暮らしはどうですか?」(夕映 月子) [感想・小説(BL)]


楽園暮らしはどうですか? (二見書房 シャレード文庫)

楽園暮らしはどうですか? (二見書房 シャレード文庫)

  • 作者: 夕映 月子 画:高峰 顕
  • 出版社/メーカー: 二見書房
  • 発売日: 2017/02/24
  • メディア: 文庫

お気に入り度:★★★☆☆
(2017.2月刊行)

作家買い。
と言っても、夕映さんの作品を読むのは久しぶりかなぁ。

あらすじ。。。

地方鉄道会社、日本海電気鐵道―通称かいでんに鳴り物入りで入社した朝霞は同僚たちから嫉妬混じりに「東大クン」と呼ばれ居心地悪い毎日。人の機微には疎くても何より鉄道が好きなのに…。そこへ声をかけてきたのは運輸部の運転士・市川。あまりのイケメンぶりにまるで接点を見いだせない朝霞だったが、一人はさみしいからと部屋に上がり込まれ、連日鍋をする羽目に。「俺とつきあう?」口調の軽さとは裏腹に、問う眼差しは真剣で…。

話はそんなに派手な展開は無かったです。

その分、朝霞と市川の関係の変化がゆっくり丁寧に書かれてあって、それに集中して読めたのは良かったです。
欲を言えば、好きになるキッカケがもう少しインパクトあればなぁとも思ったけれど。
だって、朝霞に思いを伝えてからの市川の猛アタックが凄かったんだもの。
その部分に関してはすっごくキュンキュンしちゃいました。
こんなに惚れこまれるのって何だか羨ましい!(笑)
しかも、下心とかなくてホントに誠実に思ってるんです。
だから安心しながら読めたのも良かった。

なのに、もうちょっと切ない展開があればなーなんて思うのは贅沢かしら(笑)
途中から登場してきた市川の元カレ。
既婚者なのに市川との仲を裂こうとしたり、ヨリを戻そうとするわりには世間体に負けてあっさり引いた。
うーん、ちょっと悪役になりきれない中途半端な存在だったなー^^;

仕事環境、周囲とあまり上手く言ってない朝霞。
鉄オタ含めて全部受け入れてくれる市川。
でもそんな市川も引くくらいの鉄オタっぷりを発揮してくれていたらもっと楽しくなったかも。
鉄道にヤキモチ妬くくらいに(笑)

萌え度が上がらなかったので自己評価は★3つですが、夕映さんの作品らしい優しい雰囲気が漂う物語でした。
BL濃度は濃いめ。
場面も結構あったかな。

カバーイラスト含め、高峰さんのイラストも素敵でした^^

(読了日:2017.3.24)

nice!(19)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

コミック「ましろのおと 17巻」(羅川 真里茂) [感想・コミック(その他)]


ましろのおと(17) (講談社コミックス月刊マガジン)

ましろのおと(17) (講談社コミックス月刊マガジン)

  • 作者: 羅川 真里茂
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/03/17
  • メディア: コミック

お気に入り度:★★★★★
(2017.3月刊行)

カバーイラスト、カッコいいって思ったら。。。
答えは物語の中にありました。
今までの演奏対決以上に、何か物凄く面白い展開になってきたって感じ!
(お気に入りの梶くんも一緒にユニットって何だか嬉しい。)
文句なしに★5つ!

17巻のあらすじ。。。

音楽事務所への所属を打診された雪は、自分の中に「特別な即興曲を作り上げて、沢山の人の前で弾いてみたい」という想いがあることに気づく。梶、荒川、それに田沼総一の妹・舞と共に、新ユニットを結成した雪。音楽界に新風を起こすべく、初アルバム制作にとりかかった!!――だが雪の兄・若菜は、圧倒できな実力と梅子のプロデュースによって、既に大きな旋風を巻き起こし始めていた――!?

「音」って奥が深いんだなーって思う。
“心”がそのまんま出ちゃう。
音楽だけでなく、クリエイティブなものって全部そうなんだろうなって思う。

皆んなと「演奏」するって、ただ単に「音」を合わせるだけじゃないんだっていうのも。

でも17巻まで読んで始めてかも。
雪があんな風に積極的に自己主張するのって。

雪が気にしてる「音」のズレが合わさった時、どんな演奏になるんだろう。
すっごく聴いてみたい!

ユナさん再登場。
今まであまり・・・というか、全然描かれてこなかった雪の恋バナも、ここからゆっくりと描かれていくのかな。
初めてスマホを触る雪が可愛かったです^^

あぁそうか。。。
若菜ちゃんって21歳だったのか。。。(笑)
老け・・・いや、見た目もなにもかも落ち着きすぎてて(笑)

(読了日:2017.3.23)
*****
シリーズ既読感想
ましろのおと(16)
ましろのおと(15)
ましろのおと(14)
ましろのおと(13)
ましろのおと(11)~(12)
ましろのおと(10)
ましろのおと(9)
ましろのおと(8)【Special CD付き特装版】
ましろのおと(7)
ましろのおと(6)【特装版】
ましろのおと(5)【特装版】
ましろのおと(4)
ましろのおと(1)~(3)

nice!(17)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

映画「夜は短し歩けよ乙女」鑑賞 [映画・舞台その他鑑賞(17年)]

夜は短し歩けよ乙女」(鑑賞日:2017.4.8(土))

「夜は短し歩けよ乙女」こ公式サイトへ

【ボイスキャスト(キャラクター名)】
星野源(先輩)
花澤香菜(黒髪の乙女)
神谷浩史(学園祭事務局長)
秋山竜次(パンツ総番長)
中井和哉(樋口師匠)
甲斐田裕子(羽貫さん)
吉野裕行(古本市の神様)
新妻聖子(紀子さん)
諏訪部順一(ニセ城ケ崎)
悠木碧(プリンセスダルマ)
檜山修之(ジョニー)
山路和弘(東堂さん)
麦人(李白さん)

・・・・・・・・・・・・・

監督:湯浅政明
原作;森見登美彦
脚本:上田誠
音楽:大島ミチル

【あらすじ】
クラブの後輩である“黒髪の乙女”に恋心を抱く“先輩”は、「なるべく彼女の目に留まる」略してナカメ作戦を実行する。春の先斗町に夏の古本市、秋の学園祭と彼女の姿を追い求めるが、季節はどんどん過ぎていくのに外堀を埋めるばかりで進展させられない。さらに彼は、仲間たちによる珍事件に巻き込まれ……。

[かわいい]【感想】[かわいい]
映画の原作は未読。
映画告知を観た時、レトロっぽい絵柄が可愛かったのと、森見さんが書かれた「有頂天家族」(小説もアニメも)が面白かったのとで、興味を持ちました。
でも映画館まで観に行ってみようって思った一番の決め手はやっぱりボイス!
(何てったってボイスミーハーですから・笑)
お気に入り声優の一人、中井(和哉)くんが出演されているのでっ!
ビジュアルは全くイケてないアゴ助のような樋口師匠というキャラでしたが・・・(笑)
思ってたより出番多くて満足してました(笑)
主役が花澤香菜ちゃんっていうのも決め手だったかな。
他にも神谷さんとか吉野さんとか諏訪部さんとか。。。
ボイスは超豪華で聴福♪♪♪

ですが、肝心の物語は・・・。
原作読んでないので何とも言えませんが・・・(原作もこういう感じなのかな)。
私が思ってた感じとはちょっと違っていて、非常に独特で抽象的で、正直、ちょっとしんどかったなー^^;
特に前半。
置いてけぼりな感じで観てたのですが、中盤から終盤にかけてゲリラ芝居(?)の追跡や上演にスポットが当たりだしてから、ようやくスクリーンに観入れるようになりました。
いきなりミュージカル!!
そしてビックリするくらい素晴らしい歌声っ!!
誰!?って思ったら、新妻聖子ちゃんでした!

プリンセスダルマ役の悠木碧ちゃん、ニセ城ケ崎役のべーさんのミュージカルな歌声も素晴らしかった!!
そして学園祭事務局長役の神谷さんのミュージカル風歌声も私にはプレミアだったわ♪
劇中劇のままで観てていたいと思っちゃったよ。

この辺りからようやく先輩と黒髪の乙女とが向き合いだして終盤に向けて一気に物語が動きます。
でも先輩。。。何かヘタれなんだよねー^^;
それに比べ、黒髪の乙女の思いのまま積極的に行動する姿がとても可愛いく思えた。

観終わってみたら、とてもピュアな純愛で可愛い物語でした。
原作も読んでみようとはまでは思えなかったけど、絵柄のレトロさと古き良き、大学生ならではの(ハメ外しがギリギリな感じの)自由な感じがとても上手くマッチしていて、面白かったです。
少し物語の世界観に入りきれなかった部分がありつつも、劇場まで観に行って良かったなって思ってます。

》「夜は短し歩けよ乙女」公式サイトへ

nice!(17)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
メッセージを送る