So-net無料ブログ作成

BL小説「好きで好きで好きで」 (高遠琉加) [感想・小説(BL)]


好きで好きで好きで (角川ルビー文庫)

好きで好きで好きで (角川ルビー文庫)

  • 作者: 高遠 琉加 画:六芦 かえで
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2010/02/01
  • メディア: 文庫


2004年に発行された同作品の新装版。2004年版を持っていて、すでに何度も読みつくしているのに、同時収録の“書き下ろし”と彼らの高校時代が綴られてある小冊子の全プレに吊られ、新装版を買っちゃいました。
また読み直してまた感動を味わっています。
(ジャンル:BL)


【あらすじ】
たった一人の人間のせいで、世界が色を変えるなんて―。高校時代、三浦が片想いしていた同級生の堂島。卒業から五年、三浦の勤めるフラワーショップで二人は偶然再会する。堂島の恋人が、その店の娘だったのだ。彼らの恋を壊してはいけない。だから見ているだけでいい。けれどやっぱり好きで好きで…。そんなある日、身体だけ重ねてしまった二人は-。

【ワタシの感想(ネタバレあります)】

本の紹介に“泣いて泣いて幸せになる!”って書かれてあったのですが、ホントにその通り。とにかく切ない。ハッピーエンドと分かっていても、その過程で何度ポロリとさせられたか・・・。以下、2004年版を読んだ時のワタシの感想です。(前ブログに記載してたもの)

--------------------------------

2部構成で1つのお話になっています。

1部 同タイトル「好きで好きで好きで」。堂島を好きな三浦の視点から書かれた物語です。
高校時代、それまで特に親しくなかった同じクラスの堂島。一見無愛想で冷たく見える堂島だけれど、当たり障りなく誰とも一定の距離を保って人と付き合っている。そんなタイプの堂島のある日の出来事の姿を見てから三浦は知らず知らず意識するようになり、そして気づけばどうしようもなく「好き」になっていました。そして高校卒業間近、とうとう三浦は堂島に告白します。結果は・・・・。

-俺はそういう恋愛はしないんだ-

卒業目前。堂島に女性の影がチラつき、ちょっと三浦は焦ったかなって思うけれど、でも懸命に思いを伝えようとする三浦の姿は読みながらとても辛く悲しかったです。告白した自分自身をずっと責めていたし・・・。その後気まずい思いを抱えてしまった三浦の方から堂島を避けるようになり、そのまま卒業。そしてそれから5年の月日が流れたある日。三浦がバイトするフラワーショップで堂島とバッタリと再会するところから物語りは始まります。
再会の動揺に追い討ちを掛けるかのような事実・・・。それは三浦が働くフラワーショップの娘である由布子と堂島は恋人同士という事でした。
もう吹っ切れたと思っていたのに、堂島との再会でまた心の奥にある堂島への思いが湧き出してしまいます。そんな三浦に堂島はまるで“何も無かったか”のように平然と話しかけたり、相変わらずクールで感情があまり掴めません。
それでも最初は“見ているだけでいい”と思っていた三浦の目は知らず知らず恋人に会いくる堂島ばかりを追ってしまいます。そのうち堂島と恋人との空間に嫉妬してしまっていたり・・・。
自分の心の葛藤や堂島の些細な言動で傷つく三浦の姿が読んでいて本当に切ない。。。゜゜(´□`。)°゜。
このままでは自分はとても嫌な人間になってしまう・・・と、仕事を辞めて、結婚目前の2人の前から去ろうとします。三浦視点からでは堂島は一体なにを感じ、どう思っているのか、ほとんど分かりません。ただ、何となく意識はしているのだろうか、思わせぶりっぽい優しさもみせたりするのですが・・・。
自分への思いで苦しむ三浦に対し、“それでおさまるなら・・・”と言う堂島。一回だけ・・・と言ってついに身体だけを重ねます。三浦は抱かれる事で完全に吹っ切れると思っていたんですよね。でも結局「心」のない行為は、予想を反して三浦にとっては残酷以外の何者でもありませんでした。
抱かれながらも堂島に(こんな事をさせて)「ごめん」「ごめん」と謝る三浦に、そんなに自分の正直な思いを卑下する必要はないのに!!と読んでいて泣きそうになりました。ずっと堂島の腕に抱かれたかった・・・。そう思っていただけなのに、抱かれた後は悲しさと後悔だけが三浦に残りました。

-あんな悲しい恋は、二度としない-

とても悲しい結末でした。ここで一部は終わります。
何とかポジティブに解釈して、三浦がやっと精神的に堂島から“決別”出来んじゃないか・・・と思ったりもしたけれど、三浦の思いは何一つ受け入れてもらえずに終わったとても切ないお話でした。

2部 「ラブソングみたいに」。こちらは堂島の視点から書かれたお話です。
視点が変われば、同じ出来事でも、堂島はこのように受け止めていたのか・・・と、何度も三浦に伝えてあげたい衝動に駆られました(笑)
堂島が育った家庭環境から、家庭の温かい“幸せ”に飢えているというか、とにかく堂島には「幸せな家庭図」というのが自分の中にあって、人を好きという“感情”の前に、その「幸せな家庭図」に納まるコマを探し続けていたという感じに思いました。それがフラワーショップの由布子であり、その図に納める為に愛そうと思っている。確かに・・・こういう人、いると思った。恋愛観じゃなくても「こうする事が(こうなる事が)一番の幸せ」という自分で自分のマニュアルを作ってるタイプ・・・。ワタシはちょっと疲れるタイプかも(苦笑)
そんな堂島のマニュアルでない“感情”にずっと引っかかっていたのが三浦であり、堂島は高校を卒業しても「三浦」を忘れることは無かったみたいでした。ただその「感情」が何なのかが、分からなかっただけで三浦の視線には心地よさを感じていたようです。
なので再会後、堂島自身も、この5年間で三浦の思いがどうなってしまったのか、何気に気にしているようでした。そのせいか、恋人に会いにきているのに、なぜかバイトしている三浦を目で追ってしまったりします。5年前のようにまだ自分を思ってくれているのか、それとももう興味はないのか・・・とか。自分と目が合うと、自分の感情の揺れを気づかれまいとして、わざと恋人に優しくしたりして。
そんな行動を「好きで好きで好きで」での三浦の視点では“堂島はわざと見せ付けて、自分を諦めさせようとしている”と思っているんですよね。そういう角度(視点)の違いがスレ違いって客観的に読むととても面白いんですけれど、本人達は辛いよねー^^;
結局、心の無い、身体を重ねただけの行為をしてしまった事は堂島自身も後悔して、自分の前から三浦がいなくなって初めて気づき始めます。本当に自分がずっと求めていた“幸せ”を満たしてくれるのは誰か・・・と。
恋人への思いは冷めていく・・・いや、もともと温かいものでもなかったような気もするけれど。だって堂島は由布子に「形」を求めていただけだったし。
勇気を出して三浦に会いにいくものの、自分と会えなくなった新しい職場で、楽しそうに働く三浦を見て堂島はショックを受けます。で、ショックを受けている自分に戸惑ってます(笑)その戸惑いが苛立ちに変わり、思ってもいない言葉で三浦を傷つけ始めるのです。

-俺の言葉で俺のために傷つけたい。-

もしかしてこれ、堂島が「人」に対し、初めて見せた独占欲では・・・!?でも三浦は今までと違い心が逞しくなっていて、堂島の手を自分から振り払います。

-もう堂島には関係ないだろ-

由布子は元カレとヨリを戻し、結局ひとりになった堂島。ちょっとかわいそうな気もするけれど、それまでの三浦の思いを思えば、ちょっとくらい、その切なさを堂島も味わうべきか・・・^^;

-好きだ好きだ好きだ-

これは堂島が三浦へ思う言葉です。・・・やっと気づいてくれたか。堂島!

こんなにハッピーエンドに安堵というか、嬉しさ感を感じた物語は初めてかも。
堂島は三浦という存在のおかげで、ずっと幼い頃から被り続けていた“自分の殻”を破って、本当の愛とはどういうものかを知ったんじゃないかと思いました。三浦も・・・たくさん傷つき、たくさん涙してしまったけれど、その経験があったからこそ、最終的には堂島に“しあわせにしてくれ”と言わせるくらいの精神的に強くて大きくなれたん
じゃないかと思います。

個人的には気持ちが通じ合えた後の堂島の大胆さには、かなり“萌え”ました!!愛は人を変えますな。ホッホッホッ(*^^*)
最後の三浦に言った言葉もかなりキュンキュンものです!!これから2人でうーんと幸せになってください。

--------------------------------

同時収録の「君がしあわせになる前に」も良かったです~^^
由布子と元カレ・アキとの結婚報告から結婚式までの時間の中での2人のお話です。
本編の最後でも思ったけれど、堂島は本質的には甘えたさんですね。三浦にさりげなくベッタリなトコが可愛すぎー^^
短編ですが、ここでも三浦の衝動的な行動で堂島をあたふたさせてます。2人は時間が流れても2人のまんまだったので嬉しかったなー^^
改めてこの2人が大好きだーと思いました^^

好きで好きで好きで (ビーボーイノベルズ)
こちら ↑ 2004年版のカバーイラスト(佐々成美さん)です。
新装版のイラストも可愛くて綺麗で好きですが、堂島に関してはもっとガッチリした感じを持ってしまっているので、どうしても旧版の方がイメージ強いんです。。。^^;
nice!(5)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 5

コメント 6

瀬木あおい

再版になると加筆されたり
書き下ろしが追加されたり
持っているのに手が出ちゃいますよね~。
by 瀬木あおい (2010-02-13 10:04) 

まるこ

》c_yuhkiさん
nice!をありがとうございます。

by まるこ (2010-02-14 17:38) 

まるこ

》SORIさん
nice!をありがとうございます。

by まるこ (2010-02-14 17:38) 

まるこ

》瀬木あおいさん
nice!とコメントありがとうございます。

BL系のコミックや小説って特にそれが多いような・・・???
で、一枚でも何かが追加されていたら、
やっぱし買っちゃいますなー^^;

by まるこ (2010-02-14 17:41) 

まるこ

》Mayu-3さん
nice!をありがとうございます。
by まるこ (2010-02-14 17:41) 

まるこ

》naonaoさん
nice!をありがとうございます。
by まるこ (2010-02-14 17:42) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0