So-net無料ブログ作成

小説「銀の檻を溶かして-薬屋探偵妖綺談-1巻」 (高里椎奈) [感想・小説(その他)]


銀の檻を溶かして 薬屋探偵妖綺談 (講談社文庫)

銀の檻を溶かして 薬屋探偵妖綺談 (講談社文庫)

  • 作者: 高里 椎奈 画:唯月 一
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2005/05/13
  • メディア: 文庫


【あらすじ】
美男探偵3人組?いいえ実は○×△□です!
たっぷり雪が積もった小学校の校庭に、一夜にして全長100メートルものミステリーサークルが現れた。雪の妖精あるいは蝶の標本のような輪郭はくっきりと美しく、内側にも外側にも足跡などはいっさい残っていない。だが、雪が溶けたとき、その中央には他殺死体があった!薬屋でもあり○×△□でもある美男探偵トリオが、初めての難事件に挑む!(講談社文庫より)


【感想(ネタバレあり)】

以前読んだ高里先生原作の「A-presto~ア・プレスト~ 1巻」(⇒感想)が気に入ったので、高里先生の他の作品を検索していてヒットした本。
ノベルズから文庫化になったもののようで、執筆は1999年あたりなのでちょっと古いかな。
第1シリーズは全13巻。その1巻がこれ。(ちなみに第2シリーズはノベルズ版で続いてるみたい。)
集めるのにちょっと時間掛かりそうだけれど、面白かったので読み続けたいと思ってます^^

美男探偵3人組が実は・・・っていうのがね^^
やっぱりこういうジャンルは好きだな^^

でも推理探偵小説というよりキャラ重視の事件ものかな。
本格的な推理物と思って読むと、ちょっと違うかも。。。
メインキャラの秋、座木(ザギ)、リベザル・・・。彼ら3人がとっても魅力的なのだ!!
しかも“人間”じゃないんだもの!
ワタシのように推理ものと言えど、キャラ萌え重視(=多少“腐”要素が入っていてもOK!むしろそっちの方が好き!)なら、絶対、この物語は楽しめると思う^^

3人ともそれぞれ個性的で素敵なんだけれど、やっぱりショタ萌えのワタシはリベザルでしょ^^
可愛すぎるよ。ちょっとおバカ(・・・という事でも本当はないとは思う)というか、ストレートというか。
可愛いくせに人見知りっていうのも萌えだな(*^^*)

ただ“妖怪”と紹介されているわりには、他の妖怪モノ作品に比べたら、ファンタジー色は少な目かな。
妖怪がらみの事件でも基本、“人間の事件”なので、現実的と言えば現実的。
でもやっぱり彼らは“人”ではなくて。。。なんか不思議な世界観だった。

実際、起こる(依頼される)事件には2重、3重にも絡みがあって、ワタシは犯人はこの人かな?・・・というトコまで追いつけなかった(^^;)
事件の真相解明の場面になっても、今まで読み進めてきた記憶を甦らせるのにちょっと一苦労^^;
すべてが明らかになった時には、あぁなるほど!って思ったけれどね。
ワタシの読力不足か、秋の表現がいまいち難しい(苦笑)

そうそう。
そういうトコでも“犯人はあなただ!”とかいう事件モノのパターンではないよ。
サラサラ~と解決というか、気付いたら真実が明らかになった感じだった。
なので事件視点で行くと、こんなに拡げておいて、こういう結末!?って感じ。
それにハジメくんの心を思うとちょっと切なさも残ったし・・・。
いくらハジメくんは母親を憎んでいなくても、虐待という証拠があるだけで一気に気分は急降下だったよ(><)
こういうのは苦手だ。
だから救われた部分とそうじゃない部分が残ったかな。

主役3人の動きを見ても、妖怪という存在でありながら、妖怪でなければならないような動き方は1巻ではまだ少し。。。
これからかな。まだまだシリーズは長いし。
あと、3人の繋がりや出会いも読んでみたい。
そういうのも書かれている巻があるのかな。

1巻だけじゃ謎な部分だらけだったし、3人の絡みがとても面白いので、続き、少しずつ読んでいこうと思います^^

あ、カバーイラスト、唯月一先生だね。
お久しぶりって感じ。
この方の絵、好きだったなー。
この人の絵だからってPCゲーム「神無ノ鳥」や「Laughter Land」を買ったようなものだし。
もう描かないのかな。勿体無いなー。
銀の檻を溶かして 薬屋探偵妖綺談 (講談社文庫)



nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 3

コメント 3

まるこ

》瀬木あおい さん
nice!をありがとうございます。
by まるこ (2011-05-07 21:18) 

まるこ

》あいか5drrさん
nice!をありがとうございます。
by まるこ (2011-05-07 21:18) 

まるこ

》suzuranさん
nice!をありがとうございます。
by まるこ (2011-05-08 20:55) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0