So-net無料ブログ作成

コミック「ジャイアント・キリング 14、15巻」 (ツジモト) [感想・コミック(その他)]

GIANT KILLING(14) (モーニングKC)  GIANT KILLING(15) (モーニングKC)
GIANT KILLING(14) (モーニングKC)
GIANT KILLING(15) (モーニングKC)
(作:ツジトモ/原案:綱本将也)

【あらすじ・14巻】
夏の祭典は達海&佐倉の采配が功を奏して日本人選抜チーム勝利で終演! リーグ戦後半に向けて準備をすすめるETUに石浜移籍の話が浮上……。達海は旅人のあの人に会いに──! (講談社モーニング公式サイト・GIANT KILLINGより)

【あらすじ・15巻】
昔も、今と変わらずフットボールを楽しんでいた達海。その鮮烈なプレーは名門・東京Vをも脅かし、ついに達海専門のシフトを敷かれるほどに。クラブの未来を背負う才能は、高まる周りの期待に何を思う……!? (講談社モーニング公式サイト・GIANT KILLINGより)


[かわいい]【感想】[かわいい]

オールスター戦後半へ・・・で終わった前巻だったので、後半がみっちり描かれているのかと思っていたけれど、あっさり終わってた(笑)
まぁオールスター戦なんで、じっくり描き込む必要はないわな、一種のお祭りだし(笑)

チームに視点が戻って、石浜の移籍問題が浮上。
自分を育ててくれたチームに恩返しの為、チームから離れないという石浜。
それを“ぬるま湯”と例える達海。
選手として伸びる部分を最大限に伸ばしてやる、達海流。
この件を通して石浜と清川との絆も見え、男同士(スポーツ選手同士)の友情にジーンとさせられた。

そして、いつかは描いてくれるだろうと思っていた達海の現役時代に物語は突入。
達海・・・。
監督でも、現役時代でも、全然ブレてないトコがやっぱり凄い!!
現役時代の輝きって、現役ならでは。想像以上に素晴らしく、そしてやっぱりカッコ良かった!!
でも達海のカリスマは、現役だからとか監督だからとかだけじゃなく、彼自身のモノなんだって改めて感じた。

そんな達海を“客寄せパンダ(=商品)”として、働かせようとする運営陣というか、スポンサーの会長にはイラっとさせられるけれど。
でもこういうのって、近からず遠からず。
リアルな部分でもあるんだろうな。
アマではあったけれど、スポーツを応援してた身としては、全く知らない面じゃなかったりするよ><

達海が、この後早々に現役を退くのは“現在の達海”で分かっているだけに、どういう経緯と流れでそうなるのか・・・が興味ある。
15巻の後半で、足に激痛走っていたし・・・。

また週末、続き、読みます♪



nice!(8)  コメント(7)  トラックバック(0) 

nice! 8

コメント 7

まるこ

》xml_xslさん
nice!をありがとうございます。
by まるこ (2011-11-04 21:49) 

まるこ

》toramanさん
nice!をありがとうございます。
by まるこ (2011-11-04 21:50) 

まるこ

》ピンキィモモさん
nice!をありがとうございます。
by まるこ (2011-11-04 21:52) 

まるこ

》あいか5drrさん
nice!をありがとうございます。
by まるこ (2011-11-04 21:53) 

まるこ

》ryo1216さん
nice!をありがとうございます。
by まるこ (2011-11-04 21:53) 

まるこ

》comomonさん
nice!をありがとうございます。
by まるこ (2011-11-04 21:54) 

まるこ

》瀬木あおいさん
nice!をありがとうございます。
by まるこ (2011-11-05 21:55) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0