So-net無料ブログ作成

コミック「ジャイアント・キリング 16、17巻」 (ツジモト) [感想・コミック(その他)]

GIANT KILLING(16) (モーニングKC)  GIANT KILLING(17) (モーニングKC)
GIANT KILLING(16) (モーニングKC)
GIANT KILLING(17) (モーニングKC)
(作:ツジトモ/原案:綱本将也)

【あらすじ・16巻】
夏の中断期間の一大イベント「キャンプ」!  後半戦を戦いぬくための大切な準備期間。達海は選手たちに問いかける。「俺がお前たちにどうなってほしいか?」……さあ、考えてみよう!(講談社モーニング公式サイト・GIANT KILLINGより)

【あらすじ・17巻】
夏のキャンプで得たものは、新たな仲間二人と新たな自分たち。スタメンもガラッと変えて挑むリーグ後半戦、緒戦の相手はFC札幌!! ところがどっこい……あの開幕戦の嫌な記憶が蘇る、イヤ~な試合展開に!(講談社モーニング公式サイト・GIANT KILLINGより)


[かわいい]【感想】[かわいい]

16巻の序盤で、14巻中盤から続いた達海の過去の語りは終り。
あれだけ人気があって慕われてた達海が、1巻で監督として戻ってきた時の周りの冷たい目の意味が分かった。
“悪役”を一人背負って去っていく姿に、いつでもどこまでも“達海”である事になんだかジーンとさせられた。
そして物語は“現在”へ。
達海の現役時代のGM・笠野も加わり(戻ってきて)、新しいETUが動き出した!

練習試合は面白かったな。
良い意味で、選手達の個性がどんどん光ってきて、個々にしっかり存在している。
達海が何を選手達に気付かせようとしているのか、ワタシも選手達と同じく、動揺交えた???な状態で読み続けたけれど、でも、その奥の奥にある意味が見えてきた時、やっぱり、何か、読んでる自分まで、刺激されるというか、ワクワクさせられてしまう。達海ってやっぱり凄い!!

17巻で、新しいメンバー2名が加入。
どちらも今のETU選手達に負けず劣らずのクセありだわ(笑)
もちろん、存在感ナシの選手も、あそこまで存在感無いのってやっぱ個性でしょう(爆)

王子がカッコいいだけの、我がままだけの王子じゃなかったのがビックリ!
よく見てるね。ある意味誰よりも冷静だわ!
あれだけ好き放題やってても、やっぱり今の位置をキープしてるって事が彼の本来持ってる力そのものの象徴だった!
そして、一言、一言、笑わせてくれるのもやっぱり良い!!(笑)

そして椿くんはどこまでも人が良かった(笑)
そういう“崩れないトコ”がやっぱり好きだ!!

リーグ後半初戦。
不運な得点でリードされ、これ、どーなっちゃうの???って思ってたけれど、意味不明だった練習成果が徐々に見え始める!!

読み始めたら止まらない!!(笑)
でも続きはまた週末~♪

追伸:17巻に載ってた「広報部・有里のグッズ企画」のボツネタがどれも笑えた!!
有里ちゃん&フリーライター・藤澤・・・2人共、楽しいわ~♪



nice!(6)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 6

コメント 6

まるこ

》xml_xslさん
nice!をありがとうございます。
by まるこ (2011-11-16 21:27) 

まるこ

》siroyagi2さん
nice!をありがとうございます。
by まるこ (2011-11-16 21:28) 

まるこ

》alba0101さん
nice!をありがとうございます。
by まるこ (2011-11-16 21:29) 

まるこ

》あいか5drrさん
nice!をありがとうございます。
by まるこ (2011-11-16 21:29) 

まるこ

》yu-papaさん
nice!をありがとうございます。
by まるこ (2011-11-16 21:30) 

まるこ

》瀬木あおいさん
nice!をありがとうございます。
by まるこ (2011-11-17 21:54) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0