So-net無料ブログ作成

BL小説「魔法使いの食卓」 (谷崎 泉) [感想・小説(BL)]


魔法使いの食卓 (二見書房 シャレード文庫)

魔法使いの食卓 (二見書房 シャレード文庫)

  • 作者: 谷崎 泉 画:陸裕 千景子
  • 出版社/メーカー: 二見書房
  • 発売日: 2011/11/24
  • メディア: 文庫


【あらすじ】
俺に安心をくれるのは…お前だけなんだよ
穂波家は長男の瞳が弟二人を養いながら暮らす三人家族。そこへ行方不明になっていた隣家の仁が戻ってきて…!?
とある片田舎に暮らす穂波家は、長男の瞳が働きながら弟二人を育てている三人家族。そこへ六年前に行方不明になった隣家の仁が戻ってくる。無邪気に喜ぶ弟たちをよそに、仁への複雑な思いがある瞳は素直に喜べない。さらに、仁を追って謎の外国人が押しかけてきて!? 働いて、食事をして…平凡に日々を積み重ねていた瞳に、仁の優しさは空白の時間を経てもなお、あたたかくて――。(シャレード文庫・二見書房より)


[かわいい]【感想(ネタバレあり)】[かわいい]

谷崎X陸裕コンビの作品って何か好きで無条件で読んでしまう^^
今回も日常の温かい感じをいっぱい感じさせてもらえました^^

しかし・・・
なんだか瞳が始終、料理をしていた印象が・・・(笑)

料理が全くダメなワタシは、瞳の手際良さにただただ羨望!!
またこれがどれもとても美味しそうなんだわ(^^)

あらすじを読んでたまでは、弟達ってもっと幼い印象だったのだけれど、すでに中学、高校生だった!
育ち盛り真っ只中!そりゃ食費もいるよな(笑)

穂波家兄弟が皆んな仲良くて、それだけでも温かい^^
そして、両親が亡くなった後、瞳がどれほど弟達を大切にし、そして必死で育ててきたか、瞳の一所懸命さと愛情が物語に節々から伝わってきて、なんだかじんわりさせられる。

そんな瞳もいくら長男とは言え、まだ20代。
時には誰かに頼りたい。甘えたい。
そんな瞳にとって、唯一頼れる存在の仁がまたとても優しくて本当に温かい。
瞳の言動で一喜一憂する仁が可愛いのだ^^

黙って6年もいなくなった仁に対して最初は突っ張ってた瞳だったけれどね。
やっぱり自分には仁が必要と実感し、ハッピーエンド♪
めでたし。めでたし。

・・・と、読後、パタンと本を閉じてハタと気付く・・・。
で、結局、仁の仕事って一体何だったんだ?
ポールは???

じらされて、じらされて、でも結局はその部分は曖昧なまま終わってしまったのが機になって仕方がないよ~。
是非続編をお願いしますっ!(笑)
魔法使いの食卓 (二見書房 シャレード文庫)



nice!(6)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 6

コメント 7

まるこ

》xml_xslさん
nice!をありがとうございます。
by まるこ (2011-12-19 21:20) 

まるこ

》瀬木あおいさん
nice!をありがとうございます。
by まるこ (2011-12-19 21:20) 

まるこ

》あいか5drrさん
nice!をありがとうございます。
by まるこ (2011-12-19 21:21) 

まるこ

》ryo1216さん
nice!をありがとうございます。
by まるこ (2011-12-19 21:21) 

ピンキィモモ

こんにちは。
おっしゃるとおり、谷崎さん×陸裕さんの本は、じんわりほっこりとなるのが多いですね。
私も続編希望です!
by ピンキィモモ (2011-12-20 12:04) 

まるこ

》toramanさん
nice!をありがとうございます。
by まるこ (2011-12-20 21:11) 

まるこ

》ピンキィモモさん
nice!とコメントをありがとうございます。

こんばんは!
谷崎さんと陸裕さんコンビって良いですね^^
でも仁の事が全然わからないままで終わってしまったので、
気になってます。
続編、書いてほしいですよね^^
by まるこ (2011-12-20 21:13) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0