So-net無料ブログ作成

小説「俺と下僕の妖怪退治 - 萬屋あやかし事件帖 其の壱」 (天堂 里砂) [感想・小説(その他)]


俺と下僕の妖怪退治 - 萬屋あやかし事件帖 其の壱 (C・NOVELSファンタジア)

俺と下僕の妖怪退治 - 萬屋あやかし事件帖 其の壱 (C・NOVELSファンタジア)

  • 作者: 天堂 里砂 画:ひだか なみ
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2012/02/24
  • メディア: 新書

【あらすじ】
ドSな陰陽師の穂月と、ヘタレ使役鬼・虎太郎が営む何でも屋。貧乏な彼らの元にくる依頼はなぜかみょ~なものばかり―動くマネキンや、消えた宝石の調査など、お金欲しさに飛びつくと、いつも面倒な妖怪が絡んでいるのだ。穂月は陰陽師として半人前だし、幼い頃『下僕』にした虎太郎は、美貌だけが取り柄の役立たず。はたして彼らは依頼を無事に解決できるのか!?天堂里砂×ひだかなみの人気コンビが贈るドタバタ☆あやかし事件帖開幕。(C・NOVELSファンタジアより)


--------------------------------------------------------
[ひらめき]作品お気に入り度 ★★★☆☆
[ひらめき]挿絵お気に入り度 ★★★☆☆

[猫]総評 前作シリーズがお気に入りだったので
新シリーズも読んでみました。
前作同様キャラが個性的で可愛くて
今シリーズも楽しめそうです^^
*非BL作品
--------------------------------------------------------

[かわいい]【感想】[かわいい]

前回のシリーズも好きだったので新シリーズも楽しみにしていました!
登場キャラがカッコいいのにちょっと"残念"だったり(笑)、妖怪達も皆んな個性豊かで可愛いです^^
特に主人公・穂月と虎太郎のやりとりが楽しい!
ただ何かあるたびに、穂月が虎太郎をパシパシと殴るのだけはあまり好きになれなかったな。
まぁ穂月の愛情表現のひとつである事は文中で十分に分かるのだけれどね^^;

[ひらめき]収録作
〇マネキンかたかた
〇宝石ころころ

全体的にはドタバタとかなりコメディータッチではあるのだけれど、でもシメる所はしっかりシメてあるし、どちらの物語も依頼されて引き受ける仕事(?)の中にじんわりと伝わってくるものがあって、読後は何だか癒され感があります。

とは言え、まだ始まったばかりで謎の部分が多い。
穂月の"ひきこもり"にも重そうな事情がありそうな気配です。

穂月と虎太郎の主従関係(?)もシリーズが進めばもっと分かってくるのだろうし、その辺りも含めて続編を楽しみにしています^^


nice!(6)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 6

コメント 6

まるこ

》xml_xslさん
nice!をありがとうございます。
by まるこ (2012-04-12 21:14) 

まるこ

》ピンキィモモさん
nice!をありがとうございます。
by まるこ (2012-04-12 21:14) 

まるこ

》あいか5drrさん
nice!をありがとうございます。
by まるこ (2012-04-12 21:15) 

まるこ

》sasuganoさん
nice!をありがとうございます。
by まるこ (2012-04-12 21:15) 

まるこ

》ぼんぼちぼちぼちさん
nice!をありがとうございます。
by まるこ (2012-04-12 21:16) 

まるこ

》瀬木あおいさん
nice!をありがとうございます。
by まるこ (2012-04-13 21:21) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0