So-net無料ブログ作成

コミック「カラクリ×リミット」 (十峯 なるせ) [感想・コミック(その他)]


カラクリ×リミット (シルフコミックス 38-1)

カラクリ×リミット (シルフコミックス 38-1)

  • 作者: 十峯 なるせ
  • 出版社/メーカー: アスキー・メディアワークス
  • 発売日: 2012/03/22
  • メディア: コミック

【あらすじ】
“アンドロイド”みたいな…そう称される役者・美景円はある日突然、劇団を解雇される。そんな途方にくれていた美景の前にリアリストの医者の幽霊が現れ、「とあるアンドロイドから重要情報を取り出して欲しい」…と言われたのだ!!渋々引き受けた美景がアンドロイドの電源を入れると、「アンドロイドに愛を与えてください」 と 「それ」は言葉を発して…!?十峯なるせが贈る、男2人の擬似パパ・グローアップストーリー!!(シルフコミックス・アスキー・メディアワークスより)


--------------------------------------------------------
[ひらめき]作品お気に入り度 ★★★☆☆
[ひらめき]作家お気に入り度 ★★★☆☆

[猫]総評 カバーの可愛い雰囲気の表紙と
帯コメントに惹かれて購入。
でも思いの外、切なかった!
*非BL作品
--------------------------------------------------------

[かわいい]【感想】[かわいい]

「A-presto~ア・プレスト~」で十峯先生の綺麗な絵が気に入ってたので、今作はオリジナル作品という事もあって購入してみました。

しかし、表紙カバーが可愛くて、全体的にほんわかな雰囲気を想像していたのだけれど、物語の結末は思いの外切なかった。

いや、ハッピーエンドはハッピーエンドなのだけれどね。
主人公・美影円、幽霊・烏丸滋紀、アンドロイド・叶・・・。
ぎくしゃくした始まりから、徐々にそれぞれに対して感情を持ち始め、ひとつの家族っぽい暖かいものを感じるようになってた。
だから目的を達成しても、それなりに3人の共同生活が続いていくのかなって思っていただけにラストはちょっと寂しかったかな。

3人(?)とも、どこか"不完全(欠けていた)"だった心が、共に過ごした数日の中で、何かを得、(心が)成長し、そしてそれぞれハッピーな方向に向かったのは間違いない。
だからじんわり寂しい気持ちを味わいながら、その思いを糧に前向きになれる・・・そんな物語でもありました。

1冊まるまるこの物語なので読み応えはありました。
欲を言えば3人の共同生活が楽しかったのでもう少し長編マンガで長く読んでいたかったなーって思います。


nice!(9)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 9

コメント 9

まるこ

》xml_xslさん
nice!をありがとうございます。
by まるこ (2012-04-22 21:17) 

まるこ

》Lobyさん
nice!をありがとうございます。
by まるこ (2012-04-22 21:17) 

まるこ

》ピンキィモモさん
nice!をありがとうございます。
by まるこ (2012-04-22 21:18) 

まるこ

》まっくさん
nice!をありがとうございます。
by まるこ (2012-04-22 21:19) 

まるこ

》 ぼんぼちぼちぼちさん
nice!をありがとうございます。
by まるこ (2012-04-22 21:21) 

まるこ

》あいか5drrさん
nice!をありがとうございます。
by まるこ (2012-04-22 21:22) 

まるこ

》siroyagi2さん
nice!をありがとうございます。
by まるこ (2012-04-22 21:22) 

まるこ

》sasuganoさん
nice!をありがとうございます。
by まるこ (2012-04-23 21:21) 

まるこ

》瀬木あおいさん
nice!をありがとうございます。
by まるこ (2012-04-23 21:21) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0