So-net無料ブログ作成

BL小説「秋霖高校第二寮 全3巻」 (月村 奎) [感想・小説(BL)]

秋霖高校第二寮〈1〉 (新書館ディアプラス文庫)  秋霖高校第二寮〈2〉 (新書館ディアプラス文庫)  秋霖高校第二寮 (3) (ディアプラス文庫)
秋霖高校第二寮〈1〉 (新書館ディアプラス文庫)
秋霖高校第二寮〈2〉 (新書館ディアプラス文庫)
秋霖高校第二寮 (3) (ディアプラス文庫)
(作:月村 奎/画:二宮 悦巳)

【あらすじ・1巻】
聡にとって初めての寮生活はピカピカの希望に満ちていた。が、連れて行かれたのはボロボロの一軒家、先住者は双子の美人姉弟、ヤクザな教師、そしてカリスマ美形高校生作家波多野。入寮早々、乱暴粗暴横暴の三拍子揃った波多野に使い走りにされ、言いたい放題に言われて、聡は腹が立ったり落ち込んだりするものの、なんだか彼が気になって仕方なくて…!?ブランニュー・スクールライフのはじまりはじまり~。
ディアプラス文庫・新書館より)
(同時収録)The phantom of the dormitory/夜明けまであと少し

【あらすじ・2巻】
聡の高校生活は相変わらずだ。寮のおさんどんは押しつけられっぱなしだし、乱暴粗暴横暴で外面だけがいいカリスマ美形高校生作家・波多野からは使われ放題。けれどそんな日常のなか、波多野と仲の良い先輩がなんとなく目障りだったり、クラスの女友達から告白されたことを波多野に相談したくなったり、なんて己れで己れを疑うようなその感情に聡は気付き…。ブランニュー・スクールライフの続きはどうした。
ディアプラス文庫・新書館より)
(同時収録)犬も食わない。/酢豚にパイン/きみが望むなら

【あらすじ・3巻】
聡は最近大忙しだ。高校は文化祭シーズンで、クラスの出し物作りや美希に押し付けられた料理部の仕事、これにいつもの寮のおさんどんが加わり、常に締切に迫われる波多野とはゆっくり話すヒマもない。しかも波多野はふいに姿を消したりもする。そんなある夜、遅く帰宅した波多野から漂ってきたシャンプーの香りに、聡の心はもやもやでいっぱいになって…?ブランニュー・スクールライフ、ひとまずここでおしまい。
ディアプラス文庫・新書館より)
(同時収録)つきのひかり/師走なら手をたたこう♪/愛は愛より出でて、愛より青し。


--------------------------------------------------------
[ひらめき]作品お気に入り度 ★★★★★
[ひらめき]挿絵お気に入り度 ★★★★★

[猫]総評 再読です。
オレ様・波多野Xおさんどん・聡、やっぱりこのシリーズ大好き!・・・って再確認!!
--------------------------------------------------------

[かわいい]【感想】[かわいい]

先日、本棚を整理してた時目に入り、また無償に読みたくなって再読♪
感想を書いてなかったので、この機会にアップします。

やっぱりこの物語、大好き!
基本、感情が直球型が好きなワタシは“ツンデレ”とか“オレ様”キャラにはあまり萌えは感じないのですが、でも波多野は例外!
初読みの時も何故か波多野のオレ様天邪鬼言動にドキドキしたもんだったけれど、再読もやっぱりドキドキしたー^^
結末分かっているのにね。

そんな波多野に振り回される聡の苦労性ぶりも微笑ましいし、引っ付くんだか、引っ付かないんだか、一体どーなん!?っていうこの微妙な心情のかかわり具合が激萌えですー(*^^*)

えっちシーンはほぼなし。
2巻で初めてキス。
それも実に波多野風感情表現、「ザマミロ」・・・って(笑)

決して優しくも甘くも無い波多野と聡なのに、2人のやりとりに何でこんなにドキドキ、キュンキュンさせられるのだろうなー(^^)

加納も最初、ちょっとイヤミなトコあったけれど根本は良い人だし、暴君・晃兄もウザイのだけれど、何故か徹底的なウザい存在ではない。
美樹&望の藤井ツインズのツッコミや天然ぶりも楽しいし、教師らしからぬ石田先生も良い。

皆んな強烈な個性あるキャラばかりだけれど、皆んな良いわー。
再読ながら3巻まで来ちゃうと、どんどん読み終わるのが寂しくなってしまって・・・。

波多野が複雑な環境で育ってきたのもあって、1,2巻でもところどころに考えさせられる場面やセリフがたくさん出てくるだけれど、3巻は特にその比重が多かった気がする。
萌えや楽しい場面だけでなく、生き方や考え方の深みを感じさせてくれる物語でもある。

そして3巻の最後の最後に、聡に向けた言葉は実に波多野らしい告白(?)でした。
あぁココ、何度読んでもキュンキュンものですーーーーっ(*^^*)

でも今回読み返してみて改めて思ったけれど、波多野のオレ様ぶりに、時には傷付き、振り回されながらも自然に受け止め、良い意味で流せる聡は凄いと思った。
自ら平凡だと言ってるけれどワタシから見たら、これほどの才能はないな(笑)

物語全体が聡視点で、波多野視点の場面が無かったけれど、でも聡以上に波多野が聡にベタ惚れっていうのはすっごく感じられる^^
波多野X聡がプラトニックBLな分、ラブな部分は1巻ごとの3つ目にある同時収録作、石田先生X望で補ってる感じかな。
こちらのカップルはもうちょっと“進んでる”という感じ(笑)
3巻の同時収録での望と石田先生とのやりとりもちょっとキュンとした!
この2人もこれからどういう展開になるのか。
また、美樹先輩と晃兄もどうなるんだろう。
リターンズ編も読んだはずなのだけれど、うろ覚え。
なので引き続き再読します~♪

それはそうと今回再読して気づいたけれど、3巻完結発売の際、小冊子の全サがあったみたい。
2巻で解決していなかった事が書かれてあるとか。
どこの場面?
・・・てか、それ以上になんで全サに気づけなかったのだろう。
今、気づいたショックは大きい(涙)

---------------------------
【登場人物】

奥村聡(第二寮住人)
波多野帝(第二寮住人)
藤井美樹(第二寮住人)
藤井望(第二寮住人)
石田先生(第二寮住人)

鏑木辰也(聡の同級生)
後藤奈々(聡の同級生)
仲沢みゆき(聡の同級生)

若井さん(編集者)
加納(波多野の同級生)
奥村晃(聡の兄)
梨奈(晃が預かってきた子)


nice!(8)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 8

コメント 8

まるこ

》瀬木あおいさん
nice!をありがとうございます。
by まるこ (2012-10-28 21:21) 

まるこ

》ネオ・アッキーさん
nice!をありがとうございます。
by まるこ (2012-10-28 21:21) 

まるこ

》あいか5drrさん
nice!をありがとうございます。
by まるこ (2012-10-28 21:22) 

まるこ

》ryo1216さん
nice!をありがとうございます。
by まるこ (2012-10-28 21:22) 

まるこ

》yamさん
nice!をありがとうございます。
by まるこ (2012-10-28 21:23) 

まるこ

》sasuganoさん
nice!をありがとうございます。
by まるこ (2012-10-29 21:50) 

まるこ

》(。・_・。)2kさん
nice!をありがとうございます。
by まるこ (2012-10-29 21:50) 

まるこ

》tooshibaさん
nice!をありがとうございます。
by まるこ (2012-10-29 21:51) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0