So-net無料ブログ作成

小説「翠星のガルガンティア 1~3巻」 (谷村大四郎) [感想・小説(その他)]

翠星のガルガンティア(1) (ファミ通文庫)  翠星のガルガンティア(2) (ファミ通文庫)  翠星のガルガンティア(3) (ファミ通文庫)
翠星のガルガンティア(1) (ファミ通文庫)
翠星のガルガンティア(2) (ファミ通文庫)
翠星のガルガンティア(3) (ファミ通文庫)
(作:谷村大四郎/画:村山章子(Production I.G)/監修:虚淵玄(ニトロプラス)/キャラクター原案:鳴子ハナハル)

【あらすじ・1巻】
はるか宇宙の深淵、人類は種の存亡を懸け、宇宙生物ヒディアーズと闘争を繰り広げていた。異形の天敵を前に敗戦を重ねる人類銀河同盟は、乾坤一擲の反撃を試みる。その作戦中、少年兵士レドは人型機動兵器チェインバーとともに不測のワープ事故に巻き込まれてしまう。辿り付いたのは翠の海に覆われた辺境の惑星、地球。滅びたはずの世界に暮らす人々との出会いは、戦いしか知らない少年に何をもたらすのか――。大人気アニメ待望の公式ノベライズ登場! (ファミ通文庫・角川書店より)

【あらすじ・2巻】
俺は、戦わなくては生きてゆけなかった――人気アニメ公式ノベライズ第2弾! 船団都市ガルガンティアに身を寄せることになった、人類銀河同盟の少年兵レド。ここでは自ら考え仕事をし、お金を使い、祭を楽しむ。 天敵・ヒディアーズ殲滅のためだけに生まれ育った彼にとって、地球での暮らしは何もかもが未知の経験。レドは宇宙への帰還を切望しながらも、この生活に喜びを感じ始めていた。だがサルベージ業を手伝い海に潜ったレドの前に、宇宙生物であるはずのヒディアーズが現れて――! 人気アニメ公式ノベライズ第2弾!(ファミ通文庫・角川書店より)

【あらすじ・3巻】
この空と海のすべてが、あなたに可能性をもたらすだろう。その命に最大の成果を期待する。ついに戦う意味を見出したレドは、船団都市ガルガンティアを離れた。ピニオンの野心とレドの憎悪が向かった先は、旧文明の遺産が眠る「霧の海」。 最大の禁忌とされる場所で、チェインバーと共に女王クジライカを倒したレドは、 旧文明の滅びの真実を目の当たりにする。それは彼の生き方の根幹を揺るがすものであった。 衝撃に大きく心を乱したレドの前に、異形の大船団を率いる意外な人物が現れ――。 人気アニメ公式ノベライズ第3弾!(ファミ通文庫・角川書店より)


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
[ひらめき]作品お気に入り度 ★★★★☆
[ひらめき]挿絵お気に入り度 ★★★☆☆
*非BL作品

[猫]感想。。。
アニメが大好きだったのでノベライズも買ってみました。
全3巻一気読みです。

アニメの方の脚本(演出?)を手掛けていた方が書かれた小説なので、ほぼアニメに忠実で、もう一度アニメを観ている気分で物語を通せました。
しかもアニメで観てるだけでは分かりきれなかったキャラ達の深い心境の部分も読めてとても良かったです。

1巻はレドがエイミーやガルガンティアの人達と出会い、まだ、自分自身の身の置き所がなく戸惑っているあたり。
海賊との一戦が終結したところまでが書かれています。

2巻はレドがガルガンティアで生きていくため、仕事を探そうと頑張ってる。
母星に帰りたいと思いつつ、徐々に今のこの生活に和みを感じ始めるレドの心境が伝わってきます。
レドが人間らしさ(感情)を覚えはじめ、この辺りの話はアニメも観ててとても楽しかった。
その楽しさはレドが仕事の手伝いで海に潜った時、ヒディアーズが現れた事で一変。

ただ、言われるがままに“戦って”たレドでなく、エイミーやガルガンティアを守るために“戦う”決意をするレド。
そしてガルガンティアを離れ、エイミーとの別離を選んだレドまでが書かれています。

ここからの展開はアニメで知っているから、正直、3巻を読むのは辛かったなー。
ヒディアーズの真相。歴史。カルト的な団体の身勝手な思想。
真実を知ったレドの苦しみ、失望、迷い、葛藤・・・。
気持は分かるが、今はがんばれっ、レドッ!と思いながら読んでました。

その苦しさの分、ラストに向けてのレドの決意に心が震えたなー。
チェインバーのあの名台詞にも涙しそうになりました。
犠牲は最小限ではあったけれど(=むやみやたらにキャラを殺さない)、それはチェインバー一人(一体)が全部背負ったからだろうとも思う(涙)

あと、アニメではエンディングの歌と共に映像で流れただけの“その後” のレドやエイミーやガルガンティアの皆んなが読めて良かったです。

良い意味で、物語からのメッセージも、物語の設定も含め、とても分かりやすい(伝わりやすい)アニメでした。
だからと言って決して単純でなく、全12話だけでは描ききれない深いモノも物語にありました。
キャラクター達皆んなもとても魅力的だったし。

なので、アニメ第二期製作発表が嬉しい!!
どういう風になるのか。
でもチェインバーはいないんだよね・・・。

*****
シリーズ既読感想
【コミック版】翠星のガルガンティア(1)


nice!(12)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 12

コメント 11

まるこ

》ryo1216さん
nice!をありがとうございます。
by まるこ (2013-12-02 22:08) 

まるこ

》世界のアイドルさん
nice!をありがとうございます。
by まるこ (2013-12-02 22:08) 

まるこ

》やってみよう♪さん
nice!をありがとうございます。
by まるこ (2013-12-02 22:09) 

まるこ

》teftefさん
nice!をありがとうございます。
by まるこ (2013-12-02 22:09) 

まるこ

》ピンキィモモさん
nice!をありがとうございます。
by まるこ (2013-12-02 22:10) 

まるこ

》げいなうさん
nice!をありがとうございます。
by まるこ (2013-12-02 22:10) 

まるこ

》sugoimonoさん
nice!をありがとうございます。
by まるこ (2013-12-02 22:11) 

まるこ

》司馬亮さん
nice!をありがとうございます。
by まるこ (2013-12-02 22:12) 

まるこ

》しきみさん
nice!をありがとうございます。
by まるこ (2013-12-02 22:12) 

まるこ

》はせおさん
nice!をありがとうございます。
by まるこ (2013-12-03 22:15) 

まるこ

》Akariさん
nice!をありがとうございます。
by まるこ (2013-12-03 22:16) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0