So-net無料ブログ作成

BL小説「teenage blue」 (月村 奎) [感想・小説(BL)]


teenage blue (ディアプラス文庫)

teenage blue (ディアプラス文庫)

  • 作者: 月村 奎 画:宝井 理人
  • 出版社/メーカー: 新書館
  • 発売日: 2013/12/07
  • メディア: 文庫

【あらすじ】
高校の入学式で凛太と継母のピンチをスマートに助けてくれた一学年上の梶。凛太は瞬間、その人に恋をした。それから一年、凛太は親しい後輩として梶のそばにいる。けれど梶は、誰のものにもならない人気者。彼の複雑な事情を教えられ、少し近づけた気がしたものの、やはり梶は掴みどころがない。家にも梶の心の中にも自分の居場所が見つけられず、凛太はついに隠し続けてきた感情を爆発させ……?(ディアプラス文庫・新書館より)


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
[ひらめき]作品お気に入り度 ★★★☆☆
[ひらめき]挿絵お気に入り度 ★★★☆☆

[猫]感想。。。
月村さんらしい温かい物語でした^^

凛太の梶に恋する気持ち、再婚でなかなか馴染めなかった義母と少しずつ“家族”になっていく様子、どちらもとても丁寧な心理と展開で読んでて何度もキュンキュンさせられました。

義母と上手くやっていきたい、でも、やっぱり馴染めない。
そんな思春期の複雑な思いがとてもよく伝わってきて、表面上では仲良くしているものの、このアンバラスさがいつ壊れるのか、BL面だけでないところにもハラハラしながら読んでいました^^;

で、梶ですが・・・。
オレサマなキャラは苦手なのに月村さんの書くオレサマキャラは何故か好き。
でも今回の攻さんの梶はオレサマキャラでは無かった(笑)
誰にでも優しいのだけれど、ちょっと掴みどころがなくて、実は戸惑いながら読んでました。

凛太への思いも読んでてすぐに分かるのだけれど、でもそこまで感情をストレートに現している感じでもないのでハッピーエンドになるまで、何か裏があるんじゃないかと身構えながら読んでた(笑)

2人が思い合えるまで、結構時間掛かったかな。
でもちゃんと向き合えて良かったです。

同時収録されていた「丸山日記」が面白かった。
彼だけが客観的に2人の事を最初から分かって見守っていた・・・いや面白がっていた(?)んだもんね(笑)
でも何気に巻き添えくってる感じが楽しかったよ(笑)

(読了日:2013.12.29)


nice!(9)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 9

コメント 9

まるこ

》いっぷくさん
nice!をありがとうございます。
by まるこ (2014-02-27 22:06) 

まるこ

》世界のアイドルさん
nice!をありがとうございます。
by まるこ (2014-02-27 22:06) 

まるこ

》やってみよう♪さん
nice!をありがとうございます。
by まるこ (2014-02-27 22:07) 

まるこ

》ryo1216さん
nice!をありがとうございます。
by まるこ (2014-02-27 22:07) 

まるこ

》ピンキィモモさん
nice!をありがとうございます。
by まるこ (2014-02-27 22:08) 

まるこ

》sugoimonoさん
nice!をありがとうございます。
by まるこ (2014-02-27 22:08) 

まるこ

》yohtamboさん
nice!をありがとうございます。
by まるこ (2014-02-27 22:09) 

まるこ

》naorinさん
nice!をありがとうございます。
by まるこ (2014-02-27 22:09) 

まるこ

》しきみさん
nice!をありがとうございます。
by まるこ (2014-02-27 22:09) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0