So-net無料ブログ作成

BL小説「ワイルド・ワイルド・ウエスト」(高尾 理一) [感想・小説(BL)]


ワイルド・ワイルド・ウエスト (ショコラ文庫)

ワイルド・ワイルド・ウエスト (ショコラ文庫)

  • 作者: 高尾 理一 画:雪舟 薫
  • 出版社/メーカー: 心交社
  • 発売日: 2014/10/10
  • メディア: 文庫

【あらすじ】
会社と妻に裏切られ、エリートコースを脱落した斎木明紘は、傷心を癒すため訪れたアメリカで牧場の柵を壊してしまう。そこに颯爽と現れたカウボーイのダグラスは、話も聞かず明紘を投げ縄で捕獲。逞しく不遜なダグラスに怒り半分、怯え半分で弁償を申し出たが、「金の問題じゃない」と拒否され、何故か牧場にしばらく滞在することに。自分を「カワイコちゃん」扱いして口説くダグラスのふざけた態度に、初めは腹を立てていた明紘だが―。 (ショコラ文庫・心交社より)


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
[ひらめき]作品お気に入り度 ★★★★★
[ひらめき]挿絵お気に入り度 ★★★★★

[猫]感想。。。
旧版は未読で新装版で初読み。(2014.10月刊行)

もうめちゃくちゃワタシの好みの話でした!!
とにかくダグラス、カッコいい!!

自信満々でちょっとデリカシーないけれど頼もしい。
ちょっとした事に子供っぽくなったりして、人としても男性としてもとても理想的だったなー(*^^*)
何より最初から最後までダクラスの人格がブレてなくて、明紘に一途さを隠さず、どんどん引き付けていく感じもすっごく素敵でした^^

明紘もそれまでに身の上に起こった不運さにウジウジした感じでなく、見た目に反してケンカっ早いし根っこの部分はすっごく男らしい!

ダグラスとの会話のやりとりが読んでてとても楽しかったです。

ハーヴェイやジョンも良い存在。
田舎の大らかな感じと自営で生きる強さや難しさがとてもよく伝わってきたし、家族、人間同士のつながりや温かさをいっぱい感じられた物語でした。

不必要に暴力や傷つけられるような事はなく、でも最後は悪人成敗的なカっとさせられる結末も読後の後味をとてもよくさせてもらいました^^

物語的にもBL的にも最後までどっぷり浸りながら読めて楽しかったです♪
もうちょっとダグラスと明紘の2人のその後、読んでいたかったなー。

あ、雪舟さんのイラストもやっぱり素敵だね。
もう描かれないのかなぁ。

(読了日:2014.11.8)


nice!(9)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 9

コメント 2

ピンキィモモ

こんにちは。

ノベルズが出た時に読みました。
懐かしいですね。
by ピンキィモモ (2014-11-24 17:32) 

まるこ

》ピンキィモモさん

こんばんは。
ワタシは今回初読みだったんですが、
とても面白かったです(^_^)v

またこういう感じのお話、読んでみたいな♪
by まるこ (2014-11-24 23:30) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0