So-net無料ブログ作成

BL小説「すみれびより」(月村 奎) [感想・小説(BL)]


すみれびより (ディアプラス文庫)

すみれびより (ディアプラス文庫)

  • 作者: 月村 奎 画:草間 さかえ
  • 出版社/メーカー: 新書館
  • 発売日: 2015/03/07
  • メディア: 文庫

【あらすじ】
初恋は実らない。花すら咲かない。だから再会なんてしたくなかった―。学生向けの下宿を営む祖母のもとで暮らす芙蓉は、六年前の淡い恋の記憶だけを大切にして生きている。それは芙蓉にとって一番大事な宝物だ。ところがかつての片思いの相手である西澤が、大学進学のために祖母の下宿に入居してきた。昔の面影を残しながらも、もっと魅力的になっていた西澤に、切なさとともに胸の痛を覚える芙蓉だったが…?(ディアプラス文庫・新書館より)

[ひらめき]作品お気に入り度 ★★★★☆
[ひらめき]挿絵お気に入り度 ★★★★☆

[猫]感想。。。
(2015.3月刊行)
大好きな月村さんの新刊。
あとがきにも“地味”と書かれていた通り、物語の中で大きな事件やとんでもない出来事が起こりハラハラさせられるような事はありません。
でも、読みながら何度もじんわりと温かくさせてもらい、読後はとても幸せな気分に浸れます。
こういう感じが好き。
さすが月村さんだなと思いました。

芙蓉の儚い感じとそれを大切にしようとする西澤の誠実な思いに何度もギュっとさせられます。
西澤の一途さに惚れます。
芙蓉のネガティブさは幼い頃の家庭環境からくるものでどういう形でも虐待されている子供時代の話は読んでて辛かった。
コミュニケーションが苦手な芙蓉が草や花の話になると活き活きとなってる様子が微笑ましい。

田上のようなキャラは好き。
ちょっと軽い感じで、からかいつつも、しっかり2人の恋路を見守っている大らかなキャラ。

3編目の芙蓉と祖母との会話に思わずホロリ。。。
無口で必要以上に愛想を振りまかない(八方美人じゃない)人の優しさの方が信じられる。

読後、とても温かくなれる物語でした。
やっぱり月村さんの作品、好きです。

(読了日:2015.3.12)

nice!(15)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 15

コメント 2

ピンキィモモ

こんにちは。

そうですね。
この話の読後は、幸せな気分になりました。
私も、人のぬくもりが感じられる話は、好きです。
by ピンキィモモ (2015-04-08 12:22) 

まるこ

》ピンキィモモさん

こんばんは。
たとえ王道と言われても、
終わりはやっぱり温かいハッピーエンドが
良いですよね。
特にBLは^^
by まるこ (2015-04-08 22:58) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0