So-net無料ブログ作成

コミック「【デジタル版】BE BLUES! ~青になれ~ 4,5巻」(田中 モトユキ) [感想・コミック(その他)]

BE BLUES! ~青になれ~ 4 (少年サンデーコミックス)  BE BLUES!~青になれ~ 5 (少年サンデーコミックス)
BE BLUES! ~青になれ~ 4 (少年サンデーコミックス)
BE BLUES!~青になれ~ 5 (少年サンデーコミックス)
(作:田中 モトユキ)

【あらすじ・4巻】
再び動き出した時間…もう誰にも止めさせない!決意をもって挑んだ強豪・新田中との試合…だが、龍は強力なセンターバックコンビの前に満足にプレーをさせてもらえない。2年のブランクが重くのし掛かる…でも、閃きだけは錆び付かない!サッカーへの情熱を武器に、龍が果敢にゴールを狙う!!疾走する本格サッカー大河ロマン 待望の最新第4巻!!

【あらすじ・5巻】
生まれも育ちも関係ない。サッカーで大切なのは、同じヴィジョンを共有できるかだ!実力を持ちながら、その性格ゆえに周囲と軋轢を生んでしまう新戦力の諸星美起也…そんな諸星に龍はパッサーとしての可能性を感じる…だが、諸星の弱点が露わになり…龍の中学最後の夏は、とてつもなく熱い!!


[ひらめき]作品お気に入り度 ★★★★☆
[ひらめき]作家お気に入り度 ★★★☆☆
*一般コミックス

[猫]感想。。。
(4巻:2012.2月 5巻:2012.5月刊行)
期間限定無料配信だった1~3巻を読んですっかりハマってしまい、ひとまず10巻まで購入。
今回は4,5巻をダウンロードして読みました。

2巻で起きた龍の大事故。
そこから奇跡のような復帰を果たし、でもやっぱり事故前のような神業的なプレーはもう出来なくて・・・。
今の自分に出来るプレー(ポジションを替えて)で試合に出る龍。

それでも満足なプレーをさせてもらえないまま、新田中学校との試合が終わりました。
試合後の龍と周りのチームメイトの感情の温度差に思わず苦笑。
中学の部活(プロ試合じゃない)ではあるけれど、でもこういう意識の差ってプロとアマチュアの違いになっていくんだろうかなぁ。
そんな中でも、常に反抗的だった宮崎の意識が変わったのは得るものもあったんだと思う。
試合に負けて落ち込む龍に“宮崎を変えた”という優希の言葉に共感したワタシです。

続けて5巻。
4巻後半から登場してきた諸星。
単なる照れ屋だから無愛想なのかと思いきや、いろいろ腹黒い感情を持ってた(苦笑)
でも龍のひたむきなサッカーへの思いにそんな諸星をも変えました。
サッカーノート・・・泣けた><
龍は出来すぎ君だわ。
ホントに良い子!!

それでも決してパーフェクトじゃなく、挫折を知り、負けを味わい、そこからまた這い上がる姿に感動する。

サッカーがメインなのであまり恋バナはないけれど、でもさりげなく描かれている優希の思いやアンナの片思いっぷりが可愛い。
(スポ根マンガはこの程度が良い^^)
龍は天然なんだな(笑)
そこがまた良いところ!

大浦東中のこれからを楽しみに6巻を読みます。

(読了日:2015.3.29)

*****
シリーズ既読感想
【デジタル版】BE BLUES!~青になれ~ (1)~(3)

nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 11

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0