So-net無料ブログ作成

BL小説「しあわせにできる 12巻」(谷崎 泉) [感想・小説(BL)]


しあわせにできる (12) (二見シャレード文庫 た 1-35)

しあわせにできる (12) (二見シャレード文庫 た 1-35)

  • 作者: 谷崎 泉 画:陸裕 千景子
  • 出版社/メーカー: 二見書房
  • 発売日: 2007/04/26
  • メディア: 文庫

【あらすじ】
本田の仲介によってかつての共同経営者・薮内と和解した久遠寺は、余命いくばくもない彼から会社を引き継ぐべく日芳退社を決意する。一緒に新しい会社で働こうという久遠寺の言葉に、本田の心は揺れる。想いが徐々に身の内から溢れ、言葉や態度に表れてゆくことへのおそれ、職場が離れすれ違いが増えていくことへの不安…。一方、久遠寺の退社を知った3課の面々は情報収集に躍起。東郷の意外な行き先も決まり、プロジェクト2課と合同の送別会へと話題は流れていく。少しずつ、それぞれの道が分かれていく仲間たち。久遠寺と本田もまた、二人で歩む人生を誓い合う―。書き下ろしは本田の早とちりも微笑ましい送別会幹事奮闘記。シリーズ最終巻。

[ひらめき]作品お気に入り度 ★★★★★
[ひらめき]挿絵お気に入り度 ★★★★★

[猫]感想。。。
(2007.4月刊行)
久遠寺からの共同経営の誘い。
本田が出した答えは実に彼らしいと思い、納得出来ました。
まぁ読んでいる間はどうするんだろうってちょっとドキドキだったけれどね(笑)

東郷がまさかの部署替え。
でも最初の頃から見違えるように頼もしい感じになってるし、彼なら久遠寺の後、しっかり仕事をやってのけそうです。

いろいろ変わっていくのはちょっぴし寂しいけれど、でも大団円で大満足な結末でした!

タイトル通り本田達にしあわせにしてもらえました(*^^*)

各務は最後まで各務で安心。
重くなりそうな展開でも彼の天然マイペースっぷりに読んでて何度も救われました^^

これで終わりか・・・。
寂しいなー。
でもあともう一冊ある!
スペシャル編、楽しみ!!

(読了日:2015.5.22)
*****
シリーズ既読感想
しあわせにできる (11)
しあわせにできる (10)
しあわせにできる (9)
しあわせにできる (1)~(8)

nice!(18)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 18

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0