So-net無料ブログ作成

BL小説「恋は甘くない?」(月村 奎) [感想・小説(BL)]


恋は甘くない? (ディアプラス文庫)

恋は甘くない? (ディアプラス文庫)

  • 作者: 月村 奎 画:松尾 マアタ
  • 出版社/メーカー: 新書館
  • 発売日: 2017/04/10
  • メディア: 文庫

お気に入り度:★★★★☆
(2017.4月刊行)

お気に入り作家さん、月村さんの新作。
挿絵がこれまたお気に入りのマアタさんという事もあって、いつも以上に楽しみにしていました。

あらすじ。。。

揉め事が苦手でノーと言えない睦月は、大学入学早々、先輩がふくよか男子ばかりというスイーツ研究会に入部することになった。同じく新入部員となったのは、イケメンで何でもはっきりとものを言う川久保。まったく似ていない二人は、一緒に行動するうちにだんだん仲良くなってゆく。そんなある日、いつも助けてもらっていることを睦月が詫びると、「お返しにキスでもさせてもらおうかな」と川久保に唇を奪われ…?

攻キャラがちょっとオレ様で、受キャラがちょっと優柔不断。
月村作品らしいキャラクターと物語で新作も楽しく読了。

ただ、“ノー”と言えない睦月が、周りに押し切られ、ついつい引き受けてしまう流され具合が最初はしんどかったなぁ^^;
こういうタイプ、月村さんの物語にはよく登場する主人公なのですが、睦月はあまりにもお人よしすぎて、最初はちょっとイラっとしながら読んでしまう場面も^^;

それでも睦月はそんな自分自身をよく分かっていて、そういう自分を受け入れているのでネガティブでなくウジウジもしてないんですよね。

川久保も言ってるけれど、流されても、流された状況で楽しんでるタイプ。
読み進めていくと、睦月って意外にポジティブ?って思い始め、そうしていくと睦月にも愛着が湧いてきました。
どんな状況でもその空間を楽しめるって、ある意味素晴らしい事だったりするものね。

川久保は月村さんらしい攻キャラでした。
こういう程好い“わが道を行く”攻キャラって好きだなー。
オレ様タイプで睦月を振り回しているようで、実は振り回されているって感じの2人。
面白かったです。

同時収録は川久保視点の話かなと思いきや、まさかの御子柴部長メインだった!
いや、悪かないんだけれど(笑)

機会があれば、憎めない小悪魔・沢渡のスピンオフ、読みたいなー。

(読了日:2017.4.27)

nice!(21)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 21

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0