So-net無料ブログ作成

コミック「向ヒ兎堂日記 8巻」(鷹野 久) [感想・コミック(その他)]


向ヒ兎堂日記  8 (BUNCH COMICS)

向ヒ兎堂日記 8 (BUNCH COMICS)

  • 作者: 鷹野 久
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2017/07/07
  • メディア: コミック

お気に入り度:★★★★★
(2017.7月刊行)

8巻あらすじ。。。
伊織達は取締局に潜入し、捕らわれた怪(あやかし)達の救出に成功する。白姫と共に、育ての親である織がいる“怪の森”へと避難するのだった。そして伊織達は今までのこと、今後のこと、全ての後始末をつけることに…。大人気「明治あやかし貸本奇譚」、堂々の完結!! 大好評のミニ番外編も収録!

怪達の救出にドキドキハラハラな前巻でしたが、とても上手くまとめられていた結末でした。
謎だった部分や複雑だった人間(?)関係もしっかり描ききってあって、とても満足のいく読了でした。

伊織の進む道がタイトル名へとつながっていくんですね。
この結末が分かった上でもう一回1巻から読み返すと、また物語の深みが増しそうです。

個人的に仙石さんの恋の行方が気になるなー^^
大団円で良い終わり方だったけれど、もうちょっと皆んなのそれからも読んでみたかったな。

(読了日:2017.9.28)

nice!(18)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 18

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。