So-net無料ブログ作成

舞台「声優朗読劇 VORLESEN フォアレーゼン」 [映画・舞台その他鑑賞(18年)]

声優朗読劇 VORLESEN フォアレーゼン
2018年11月4日(日)14:00開演

181105_1840_001.jpg
*クリックしたら大きくなります*

【出演者】
興津和幸
田丸篤志
廣瀬大介
千葉翔也

チェンバロ奏者:中野振一郎

脚本:中野順哉

豪華声優陣が出演し、クラシック⾳楽や⽂学作品、郷土史を題材としたオリジナリティあふれる脚本でお届けする声優朗読劇『VORLESEN フォアレーゼン』、浪切ホールで公演します。
朗読劇は、クラシック⾳楽の「神童」モーツァルトの物語に、美しい装飾が⽬を引く楽器チェンバロの演奏が華を添える『本当はあぶないモーツァルト』です。
朗読劇のあとには、声優たちによるトークコーナーも!!

[かわいい]【感想】[かわいい]
初観劇。
“フォアレーゼン”というシリーズみたいです。
いろんなところで上演しているみたいですが、全部お話が違うみたい。

私が観に行ったこの舞台はモーツァルトの物語。
モーツァルトが主役というより、モーツァルトが演奏していた楽器“チェンバロ”と、モーツァルトが住む屋敷に忍びこんだ猫との交流を通して、モーツァルトへの思いが語られているという感じ。

モーツァルトの才能に自分(チェンバロ)の機能が追い付けなくて、モーツァルトに良い演奏をさせてあげられない・・・みたいな。

興津さん演じる猫がコミカルで、明るく笑いをそそられるけれど、でもラストはとっても切ない。
モーツァルトの死と共にチェンバロも…。

物語は50分。
あっという間に終わっちゃった。

実はこの舞台。
「A3!」にハマって、その「A3!」でお気に入りの夏組・斑鳩三角くんを演じてる廣瀬大介くんが出演されていると知り、会場も関西だと知り、チケットを取りました。
「A3!」のイベントとか、ゲーム内での演技とか、あと歌声とか。
気に入っちゃってて、ナマで観れる機会があるんなら…と思って。

その点では満足な舞台でした。
欲を言えば個人的にはもうちょっと出番があれば…(笑)

あと楽器チャンバロ。
この舞台を観るまでは私はモーツァルトは“ピアノ”で演奏してたとばかり思ってました。
チェンバロという楽器で、だったんですね。
そのチェンバロの生演奏。
その音を聴いて、初めてモーツァルトの音を聴けた気がしました。

15分ほど休憩の後、トークタイム。
BLCDでの興津さんの印象が強いので、あんなにお茶目な方だと思っていませんでした。
とっても可愛かったです。
田丸くんも「A3!」に出演してるし、「A3!」のイベントでも知ってるので、声優ミーハーな私は、田丸くんも生で観れて嬉しかったです^^
千葉翔也さんは、お初でした。
ナレーションとモーツァルトの2役。しっかりした演技で聴きごたえありました。
お目当ての廣瀬くんはトークでも楽しい方でした。
てか、とってもお洒落さんだなぁ。
今度はもっとガッツリしたお芝居、観てみたいよ。

という事で、いろいろ新しい魅力、表現を知った舞台鑑賞でした。

生まれも育ちも関西で、かなり長い間生きてきたけれど、岸和田に行ったは初めてで。
電車の乗継、迷いました(笑)
ココがだんじり祭りの場所か・・・なんて思いながら行き返り、街の空気も堪能しつつ、とても良い一日でした^^

nice!(18)  コメント(2) 
共通テーマ:演劇

nice! 18

コメント 2

ピンキィモモ

こんにちは。
11/4はこちらに行ってたんですね。
私、興津和幸さんが好きなので、興味がわきました。
by ピンキィモモ (2018-11-13 10:32) 

まるこ

》ピンキィモモさん

こんばんは。
猫の役だったのでニャンニャンって言うセリフが多くて
可愛かったですよ^^
by まるこ (2018-11-13 23:35) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。